English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

2021年 名刺管理アプリを徹底比較!

ビジネスシーンに欠かせない名刺は、頂いたあとにきちんと整理する必要があります。しかし、これらの名刺をアナログで管理するとなると、保管や整理に何かと手間がかかってしまうものです。

そんな面倒な名刺の管理や整理を効率化したい場合は、名刺管理アプリが便利です。この記事では、名刺の情報をデジタル化できる名刺管理アプリの魅力とおすすめのアプリを紹介します。

名刺管理アプリを使うメリット

まずは名刺管理アプリのメリットを、アナログ管理の問題点とともに見ていきましょう。

  • 名刺管理の手間が減る

    • 紙の名刺をアナログ管理している場合は、頂いた名刺を都度ファイリングする必要があります。名刺の収納や整理に時間がかかったり、急いでいるときに目当ての名刺が見つからなかったりしてイライラした経験がある方も、なかにはいるのではないでしょうか。

      名刺管理アプリを使用すると、画像として取り込むだけで名刺の整理・呼び出しが瞬時にできるようになります。結果的に名刺管理の時間が短縮されるため、業務の効率化が図れるでしょう。

      参考記事:最適な名刺保管で業績アップを目指す!おすすめの名刺保管方法を紹介

    • アナログとデジタルの名刺管理のメリットとデメリット
  • 社内で名刺の情報を共有しやすい

    社内で名刺の情報を共有しやすい点も、名刺管理アプリの大きなメリットです。紙の名刺の場合、名刺の情報を管理しているのは名刺交換をした本人のみです。他の社員がその企業の担当者にアポを取りたいと思っても、名刺があることを知らなければスムーズに連絡を取ることはできないでしょう。

    一方で名刺管理アプリを使用する場合、名刺を頂いてすぐにアプリに取り込めば、社内の人に素早く情報共有ができます。紛失のリスクも少なく、外出先からいつでも名刺の情報を見られるため、情報共有がしやすくなり円滑な取引交渉にも役立ちます。

  • テレワークにも対応可能

    名刺管理アプリで情報共有が可能になれば、テレワーク時にも役立ちます。紙の名刺を管理している場合、テレワークで働いている社員はオフィス内に保管されている名刺の確認ができません。場合によっては、オフィスにいるスタッフにわざわざ名刺を探してもらい、スキャナーで取り込んで送ってもらう手間が生まれるかもしれません。

    しかし、名刺管理アプリを導入すれば、時間や場所を問わず名刺の情報を確認できるようになります。テレワークをしている従業員でも手軽に情報確認が可能となり、社内外で働いている従業員の負担軽減につながります。

    そのため、名刺管理アプリは働き方改革の促進が重要視されている今後の社会で、より活用される機会が増えていくでしょう。

    参考記事:オンライン名刺交換のメリット・デメリットとは?両面を詳しく解説します

名刺管理アプリを比較!おすすめアプリ8選

  • それではさっそく、名刺管理におすすめのアプリを8つ紹介します。重要視したい機能に合わせて、自社にとって最適なアプリを選んでください。

  • 名刺管理アプリを利用して笑顔の女性
  • Sansan【国内シェア率83.5%の法人向けサービス】

    Sansanは、ほぼ100%の精度で名刺が取り込めるところが魅力の法人向けアプリです。業種・規模を問わず7,000社以上が利用しており、国内シェア率83.5%を誇る人気サービスです。

    名刺は人力+AI技術で99.9%の精度で取り込まれ、インポートした情報は連絡帳として活用できます。複数の名刺を一気に撮影して取り込める点も、使い勝手が良くて非常におすすめのポイントです。さらに、名刺の情報をもとにした組織のデータベース構築も自動的に行なってくれます。

    プライバシーマーク取得で、セキュリティ対策の信頼性も非常に高いといえます。厳しいセキュリティ対策が必要な大手金融機関や官公庁でも導入実績があるため、個人情報を扱う名刺管理アプリとして安心して利用できるでしょう。

  • Eight【個人ユーザーにおすすめの人気サービス】

    Eightは、個人ユーザーに絶大な人気を誇る名刺管理サービスで、先に紹介したSansanと同じ会社によって運営されています。

    管理機能は無制限で、名刺枚数にもクラウド保存量にも上限はありません。パソコンでも使用可能で使用期間も無制限と、とにかく使い勝手が良いのが特徴です。名刺交換は、URLやQRコードの共有で手軽に行なえます。名刺はAIとオペレーターの手入力で取り込まれるため、非常に精度が高い点もポイントです。登録された相手が昇進・転職などをしたときに通知が来る機能もついており、非常に便利です。

    名刺管理機能だけではなく、ビジネスのためのSNS機能も兼ねそなえたおすすめの多機能アプリといえるでしょう

    また、有料版ではありますが、法人向けのサービス「Eight企業向けプレミアム」もあり、中小企業を中心に人気を集めています。

  • Wantedly People【瞬間データ化で効率アップ】

    Wantedly Peopleは、求人サイトをリリースするウォンテッドリー株式会社が運営する名刺管理アプリです。同時に10枚もの名刺を一気にデータ化することが可能で、瞬時に取り込み、連絡帳への追加ができるところがこのアプリの大きな強みです。

    取り込んだ情報からは、相手に関する情報が検索できます。名刺に記載がある情報を超えて相手のことを知りうる点が、Wantedly Peopleならではのユニークな機能といえるでしょう。

    着信時の表示やExcelへのデータの書き出し機能などもあり、業務効率アップにも役立ちます。プロフィールの更新があれば、最新情報に自動でアップデートされるため、取引相手が転勤や昇進をしてもスムーズに商談が進むでしょう。

  • myBridge【LINEユーザーにおすすめ】

    myBridgeは、メッセージアプリのLINE株式会社が提供している名刺管理アプリです。すべての機能を無料・無制限で使用できるアプリである点がうれしいポイントです。

    名刺をスマートフォンで撮影したあと、文字認識技術と手作業でデータ化されます。無料でありながら非常に精度が高いところが、支持を集めている理由です。LINEトーク上ですぐに名刺共有が可能なため、社内連絡にLINEを使用することが多い企業には特におすすめといえるでしょう。

    共有した名刺情報は社内の共有名刺帳で一括管理でき、電話帳などの他サービスとの連携やExcelダウンロードにも対応しています。

  • Evernote Scannable【名刺管理以外にも便利に使える】

    Evernote Scannableは、本来は文章スキャナアプリですが、無制限で使用できる名刺管理ツールとしても活用できます。取り込んだ情報は端末に保存され、オフラインでも閲覧可能です。

    このアプリのメリットといえば、名刺管理以外にも活用できる点です。会議資料などの取り込みも可能で、紙が逆さであったり読みづらい状態で取り込まれたりしても、自動的に回転処理や画質調整などが行われます。

  • CamCard【16言語の読み取りに対応】

    CamCardは、最先端技術により16ヵ国語を判別できるアプリです。グローバル企業や海外出張が多いビジネスパーソンに最適なサービスでしょう。名刺の取り込みだけではなく、取り込んだ名刺にテキストや画像などを添付できるため、商談の記録が残せる点も大きなメリットです。

    アカウントを無料登録すれば取り込んだ名刺データをクラウド上に保存でき、パソコンやタブレット端末との連携もできます。その他にも、最新情報の通知やプロフィールページの作成、相手企業のニュース配信など、豊富な機能が搭載されています。

  • 名刺ファイリングCLOUD【万全のセキュリティが自慢】

    名刺ファイリングCLOUDは、情報を保護されたクラウド上で管理でき、端末に情報を残さないところが特徴的なアプリです。データベースへのアクセスに関して、ユーザーごとの権限設定が可能なため、不要な情報開示を防げます。セキュリティ対策を万全にしたい企業には特におすすめです。

    さらに、他のアプリのようなSNS連携機能が搭載されておらず、名刺情報で私生活が検索されることはありません。必要以上の情報を開示したくない・されたくないという場合には最適でしょう。

    名刺ファイリングCLOUDには有料プランと無料プランがあり、無料プランは100枚まで管理が可能です。

  • WorldCard Mobile Lite【アプリ上で連絡が取れる】

    WorldCard Mobile Lite は25ヵ国語に対応しており、グローバルな環境で働くビジネスパーソンに最適なアプリといえるでしょう。

    ExcelやCSV、vCardなど複数のファイル形式に変換可能で、データ共有をしたいときもスムーズに行なえます。連続撮影機能が搭載されているため、多くの名刺を抱えている方でも時間をかけずにデータ化ができるでしょう。

    登録した連絡先には、アプリから電話の発信やメッセージの送信が可能です。月額登録をすればクラウド管理が可能となり、社内共有にも役立ちます。

名刺管理アプリを比較する際のポイント

  • 現在、名刺管理ツールとして非常に多くのアプリが流通しています。それぞれのアプリでは機能がまったく異なるため、自社に合ったものを見極めることが大切です。

    導入してから機能面で不便に感じることがないように、名刺管理アプリを比較するポイントについて紹介します。

  • 名刺管理アプリを比較して、自分に合ったアプリを見つけた女性
  • スキャンの精度が高いかどうか

    名刺管理アプリで最も大切なのは、スキャンの精度です。せっかく名刺をスキャンしても、精度が低ければ手作業で入力し直すことになってしまいます。

    名刺のスキャンには、OCR機能による自動読み取りと手作業による読み取りの2種類があります。OCR機能は画像データを自動的にテキスト化できることから、採用しているアプリが非常に多いですが、なかには精度が低いものもあるため気を付けましょう。一方、手作業による入力はミスが少ない反面、手作業であるため情報の反映までに少し時間がかかる点がネックです。

    それぞれに一長一短があることを理解し、“精度”と“反映時間”のどちらを重要視するかでアプリを選ぶとよいでしょう。

  • データの保存先はどこか

    データがどこに保存されるのかも、名刺管理アプリを選ぶ際にチェックしておきましょう。一般的に名刺データの保存先は、端末もしくはクラウドです。ただし、クラウド共有は有料プラン限定であるケースが多い点に注意が必要です。

    データを社内共有したいのであれば、社員が誰でもアクセスできるクラウド保存が最適でしょう。クラウドにデータがアップロードされるため、端末の容量を圧迫することもありません。ただし、オフラインでも名刺を確認したい場合は、クラウド保存よりも端末保存がおすすめです。

    端末保存とクラウド保存のどちらを選択する場合にも、セキュリティ対策を万全にすることを心がけましょう。

  • 他サービスとの連携機能があるか

    名刺管理アプリの多くは、他サービスとの連携機能を搭載しています。SlackやLINE、Googleなど、社内でよく使用するサービスがあれば、連携できるものを選んでおきましょう。

    特に、電話がかかってきたときに会社名と名前が表示されるようになる、連絡帳との連携機能は非常に便利です。

オススメの人気デザイン名刺


名刺管理アプリを使うときの注意点

最後に、名刺管理アプリを使うときの注意点について解説します。

  • セキュリティ対策に気を付ける

    • 名刺管理アプリを使用するときは、スマートフォンの紛失やサイバー攻撃などの被害に注意しましょう。取引先企業の情報が漏れてしまえば、自社だけではなく他の企業にも多大な迷惑をかけることになります。

      名刺を管理するスマートフォンにはパスコードを設定し、セキュリティソフトを導入するなど、万全の対策を採るようにしてください。

    • セキュリティー対策を行うスマホ
  • 機能制限や料金に気を付ける

    名刺管理アプリには無料で使えるものも多いですが、なかには無料プランだと使える機能が制限されているものもあります。

    小規模な企業や個人事業主であれば、無料のアプリで十分な場合もありますが、大きな企業では、無料プランの枚数制限やクラウド共有機能の制限がネックになるかもしれません。

    使い勝手を考えると、有料のもののほうが優れていることもあります。まずは無料で使用してみて、気に入ったアプリがあれば有料プランに移行するとよいでしょう。

オススメの人気デザイン名刺


まとめ

名刺管理アプリは、名刺のアナログ保管と比較すると、管理の手間の少なさや利便性の高さが大きなメリットです。従来の名刺の管理方法に課題があると感じている企業は、ぜひビジネス効率化のために名刺管理アプリを使用してみてください。

一口に名刺管理アプリといっても、現在数多くのアプリがリリースされています。それぞれの機能をよく比較し、より自社に合うアプリを見極めていきましょう。

デザインテンプレートは2,000種類以上、1,250円~名刺作成が可能!
デザイン名刺.netでデザイン名刺をチェック!



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


名刺仕上り時間

(注文時)

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up