English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

フォント

ショップカードに使うフォントについて、使い分けや業種別のおすすめを紹介

  • 更新日:

    ショップカードはお店の雰囲気に合ったものを作ることが大切です。

    そのため、ショップカードに使うフォントはしっかりと考えて選びましょう。

    基本的なフォントの使い分けや業種別のおすすめフォントについて解説していきます。

  • フォント

オススメの人気デザイン名刺


フォントの種類と特徴について

文字の書体、フォントにはたくさんの種類があります。

同じ内容でもフォントを変えることで大きく印象が異なりますので、よく考えて選ぶことが大切です。

多く使用されるフォントとして次のようなものがありますので、特徴も知っておきましょう。

  • 明朝体

    毛筆で書いたような雰囲気があり、ヨコの線が細く、タテの線が太いのが特徴です。

    とめやはらい、ウロコなどの特徴がある書体です。

    文章の本文などによく使われます。

    角ゴシック体

    ゴシック体はマジックで書いたように太く、ほとんどの線が均一になっているのが特徴です。文字の角が角ばっているのが角ゴシック体です。

    ほとんどの線が均一になっているのが特徴です。文字の角が角ばっているのが角ゴシック体です。文字がハッキリし、よく目立ちますので、タイトルや見出しなどによく使われます。

    とめ・はね・はらいやウロコの文字の表現がない書体です。

    丸ゴシック体

    とめ・はね・はらいやウロコの文字の表現がないゴシック体の中でも、文字の角が丸みを帯びているのが丸ゴシック体です。

    ゴシック体は目立つのが特徴ですが、丸ゴシック体になると少し柔らかな印象があります。

    目立たせたいが、柔らかさも出したいという時におすすめのフォントです。

    これ以外にもデザインフォントとして個性のあるフォントもありますので、オリジナリティを出したい時にはあまり使われていないデザインフォントを活用するのもいいでしょう。

フォントの使い分けとショップカードに向いているフォントやサイズ

次に、ショップカードに使うフォントはどんなフォントが多いのかについて紹介します。

ショップカードを印刷する際、一つのフォントだけだと読みににくくなることがあります。

文字の大きさを変えてもアクセントのないショップカードになってしまう場合もあるでしょう。

2種類程度のフォントを使い分けて印刷することもあります。

  • 長く説明するような文章には「明朝体」を活用

    明朝体は、新聞や文庫本、名刺などに多く使われている書体のため馴染みがあり、上品な印象があるフォントです。

    ショップカードで長い説明などを書く文章には読みやすくておすすめです。

    目立たせたい文字は「角ゴシック体」で

    強調することができ、インパクトを出すことができます。

    短い文字に使うことで効果的なポイントになるフォントです。

    女性向けや柔らかい印象のショップカードには「丸ゴシック体」もおすすめ

    丸ゴシック体は目立ちますが、柔らかな印象で、女性向けやリラックスしたような雰囲気を出すショップカードにおすすめです。

    ショップカードにおすすめのフォントサイズ

    また、ショップカードにはおすすめのフォントサイズもあります。

    名刺サイズのショップカードに掲載する場合には、あまり大きすぎず小さすぎないフォントサイズにすることが大切です。

    次のような目的によってフォントやサイズを使い分けてみましょう。

    • インパクトのある文字にしたい場合は、ゴシック体や太い明朝体などで12~19ポイントで大きく表示する
    • 小さくても読みやすい文字にしたい場合は、7~8ポイント以上にする
    • 小さな文字で文字がつぶれないように表示したい場合は、あまり太字でない読みやすい明朝体などを選ぶ

ショップカードで業種別におすすめのフォント

業種別におすすめの基本フォントを紹介します。

メインに使うフォントで大きくイメージが変わりますので、業種に合ったフォントを使うことが大切です。

  • アパレルや飲食店などにおすすめの「角ゴシック体」

    太めのゴシック体は、明るく、活発で親しみやすい印象があります。

    アパレルや飲食店などで活用するのもおすすめです。

    ショップ名やブランド名をよく知ってもらうには目立っていいでしょう。

    BARにもおすすめは「角ゴシック体」

    同じゴシック体でも細めのゴシック体は、繊細なイメージや都会的なイメージになります。

    BARのような店舗のショップカードで、かっこよく角ゴシック体を使うのもインパクトがありおすすめです。

    マッサージ店やセラピストなどにおすすめの「メイリオ」

    メイリオはゴシック体の一種で、読みやすい印象のあるゴシック体です。

    ゴシック体の中でも柔らかくて優しい印象があるでしょう。

    マッサージ店やセラピストなどの業種におすすめで、安心した雰囲気を感じさせられるフォントです。

    かわいいカフェや雑貨店などにおすすめの「丸ゴシック体」

    かわいいカフェや飲食店、雑貨店では丸ゴシック体で優しくてかわいい印象を演出するのもおすすめです。

    親しみやすさも出ていいフォントです。

    医療関係・教育関係・コンサルティング業におすすめの「明朝体」や「教科書体」

    きちんとした感じがする明朝体は、医療関係・教育関係・コンサルティング業などに関連したショップカードなどにおすすめです。

    落ち着いた印象に受け取ってもらえます。長い内容の説明文も見てもらいやすいでしょう。

    明朝体よりもさらに柔らかな印象になり、かつ個性が出せます。

    美容室やエステなどにもおすすめの上品な「明朝体」

    上品なイメージを大切にしたい場合は、明朝体を多く使うのもおすすめです。

    明朝体にも太字のものがありますので、目立たせたい部分には太字の明朝体を使うといいでしょう。

    和風なお店でおすすめの「楷書体」や「行書体」

    楷書体は、明朝体と同じように筆で書いたような文字ですが、人が書いた文字に近く、味わいのあるフォントです。

    伝統的で和風で誠実な印象があります。和風の店や伝統のある店のショップカードにおすすめです。

    また、行書体は筆で流れるように書いた書体で、こちらも和風の店に向いていて凛とした雰囲気があるフォントとなっています。

    カジュアルな飲食店やおもちゃ店などにおすすめの「POP体」

    マジックやマーカーで書いたようなポップでカジュアルなフォントです。

    楽しい雰囲気を演出したい場合やオリジナリティのある書体を使いたいならばおすすめです。

    アクセントやポイントとして使ってください。

まとめ

ショップカードに使うフォントについて紹介しました。

  • 特に目立たせたい文字は、ゴシック体や太い明朝体などがおすすめ
  • 細かな文字で読みやすくしたいならば明朝体などがおすすめ
  • オリジナリティを出したいならば、楷書体や行書体、POP体などもおすすめ

以上のようなポイントを理解した上で、サンプルのショップカードなどを見ながら、それぞれのお店の雰囲気に合ったフォントを選んで作成してみるといいでしょう。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

あわせて読みたい記事


名刺仕上り時間

(注文時)

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

Chevron Up