English version is here!

● 【重要】 大雨の影響による配達停止・遅延について 

名刺作成のご注文から名刺印刷の知識まで!デザイナーの作る名刺販売のオンラインショップ デザイン名刺.net にお任せください!

文字

名刺の注文方法

「できる人」の名刺交換術!

ビジネスマナーの基本の一つである名刺交換。職種や立場によっては日常的に行なう機会があるため、慣れた人のなかには「たかが名刺交換」と思われる方もいるかもしれません。ですが、「できる人」は名刺交換一つとっても些細な所作などから、相手に良い印象を与えていることをご存じでしょうか。

今回は、「できる人の名刺交換術」と題して、できる人の多くがやっている名刺交換のマナーや具体的なコミュニケーション例、名刺に施すひと工夫などを解説します。

【名刺交換】できる人を目指すなら、まず知っておくべきNGマナー

  • できる人を目指すなら、名刺交換の基本マナーをしっかり把握することは基本中の基本です。名刺交換で失敗しないためにも、まずは最低限知っておくべきNGマナーを紹介していきます。

  • クーポンをどうやって作るか考えている女性
  • 名刺交換時のNGマナー

    名刺交換する場合、以下のような対応はNGです。

    • 自ら動かず相手が渡してくれるのを待っている
    • 相手が差し出した名刺を何も言わずに受け取る
    • 財布やポケットから直接名刺を取り出す
    • テーブルを挟んで名刺交換する
    • 相手より高い位置で名刺を差し出す
    • 相手の名前や会社ロゴの上に自分の指を置く
  • 名刺を受け取ったあとのNGマナー

    名刺を受け取ったあとも、以下のような対応をしないよう注意しましょう。

    • 受け取った名刺をすぐ名刺入れにしまう
    • 相手の目の前で受け取った名刺にメモ書きする
    • 受け取った名刺を胸より低い位置に下ろす

できる人の名刺交換~上手なコミュニケーションの例

  • 名刺交換は単なる自己紹介、挨拶の場ではありません。初対面の人とコミュニケーションがとれる貴重なチャンスなので、機械的に済ませるのは非常にもったいないです。実際、できる人は、名刺交換時にうまく話を広げて相手を和ませるなど、気遣いが上手な方が多いようです。

    そこで、名刺交換で好感度を高められる、上手なコミュニケーション例を紹介します。

  • クーポンをどうやって作るか考えている女性
  • 会えてうれしい旨を笑顔で伝える

    名刺交換でよくありがちなケースが、神妙な面持ちで近づいて「名刺交換をお願いします……」などと声をかけることです。初対面同士なので緊張するのは無理もありませんが、あまりオドオドした態度をとっていると、相手を不安にさせたり、余計な気を遣わせたりする可能性があります。
    名刺交換で相手の好感度を高めたいなら、会えてうれしい旨を笑顔で伝えるようにしましょう。

    • 「今までお電話でのやり取りだけだったので、直接お会いできてうれしいです!」
    • 「どのような方なのか会えるのを楽しみにしていました!」
    • 「〇〇様は凄腕だと聞いていたので、一度お会いしてみたかったんです!」

    このような言葉を笑顔とともに伝えれば、うれしいという感情を態度で示せるため、相手との距離もグッと縮まるのです。

  • 会社や相手のことをさらっと褒める

    初対面でいきなり褒めるのは不自然、わざとらしいと思うかもしれませんが、自分が感じたことをさらっと伝える分には問題ありません。

    • 「オフィスが現代風でおしゃれですね!」
    • 「入口に飾ってあった絵がとても素敵ですね!」
    • 「素敵なお名前ですね!」

    このように仕事以外のことも含めて褒めてあげれば、ほとんどの相手はうれしく感じるものです。また、相手が自分のことを話しやすくなるので、コミュニケーション促進につながります。

  • 名刺交換をして気になったことはその場で聞く

    名刺交換はお互いの情報を確認する場でもあるので、気になったことがあればその場で聞いて構いません。疑問を解決できるのはもちろん、話も広げやすくなるため、相手の好感度を高めることが可能です。

    「お名前は何とお読みすればよいでしょうか?」

    「ロゴマークが素敵ですね!どのような意味があるのですか?」

    「(変わった部署名の場合)〇〇課ではどのようなお仕事をされているのですか?」

    このような質問によって、相手や会社に対する興味・関心を示すことができます。

【上級編】できる人が名刺に施す、とっておきのひと工夫

できる人は相手の記憶に残りやすいよう、名刺にひと工夫を施しているケースもあるので、そちらも併せて紹介します。

  • 必須情報のほかに、少しだけ個人的な情報を載せる

    名刺には必須情報として、氏名・会社名・所在地・電話番号など記載します。しかし、これらの情報だけだと味気ないため、余白や裏面にいろいろな情報を載せてみるのがおすすめです。

    • 出身地
    • 卒業校
    • 家族構成
    • 好きな食べ物
    • 趣味
    • 資格
    • 特技
    • 座右の銘

    このように個人的な情報も含めて記載すると、話のきっかけを作ることができます。

  • 名刺の余白に手書きのメッセージを添える

    名刺の余白や裏面、メモ欄に手書きのメッセージを添えておくと、相手の記憶に残りやすくなります。ただし、名刺に何か書き加える行為はマナー違反とみなされることもあるので、シーンは慎重に選びましょう。

  • 名刺専用のお香で少しだけ香りを付ける

    こちらもシーンを選ぶ必要はありますが、香り付きの名刺は視覚に加えて嗅覚も刺激できるため、より強い印象を相手に与えることができます。名刺専用のお香も売られているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

できる人は名刺交換から違う!

できる人は名刺交換の際にちょっとした言葉を投げかけたり、名刺自体にひと工夫を施したりして、コミュニケーションの促進を図っています。相手からの好感度を高めたいなら、何をしてあげたら喜ぶのか意識しつつ、感情に訴えるアプローチを実行することが大切です。

デザイン名刺.netなら、2,000種類を超える豊富なデザインのなかから、お客様のご要望に合う1枚を見つけられるはずです。できる人にふさわしい名刺を作りたいと考えているなら、ぜひ一度お問い合わせください!



関連コンテンツ

知っておきたい名刺の豆知識

企業向け名刺作成ビジネスプラン
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン