English version is here!

● 年末年始の休業(12月28日~1月5日)と納期の変更について 

名刺作成のご注文から印刷の知識まで!デザイナーの作る名刺なら 名刺販売のオンラインショップ デザイン名刺.net にお任せください!

名刺の注文方法

印象に残る名刺を作りたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく名刺を作るなら、渡した相手の印象に残るような名刺を作りたいですよね。特にビジネスの場では、印象的な名刺を渡すことで会話のきっかけが生まれることもあり、商談が和やかなムードで進みやすくなる効果も期待できます。

そこで今回は、「印象に残る名刺を作りたい」と考えている方のために、制作するうえでの4つのアプローチ方法と実際の事例についてご紹介します。

印象に残る名刺を作るための4つのアプローチ

  • 白紙の名刺用台紙のイメージ
  • 印象に残る名刺とは、どのような名刺を想像するでしょうか? 印象に残る名刺には、その理由が必ず何かありますが、そのポイントはさほど多くありません。
    ここでは印象に残る名刺を作るための4つのアプローチ方法をご紹介します。

  • 1.形やサイズが印象的

    印象に残りやすい名刺として、まず挙げられるのは形やサイズが印象的な名刺です。
    ほとんどの名刺は長方形で、サイズは横91㎜×縦55㎜程度。そのため、名刺の形やサイズを少し変えるだけで、印象に残る名刺を作ることができるのです。

    とはいえ、あまりにも形やサイズが特殊な名刺は、名刺入れに収納しにくいなどデメリットになる可能性もあるので注意しましょう。さりげなく印象を残す手段として、名刺の角をクレジットカードのように丸くカットしてアールをつける「角丸加工」を施すのも一つの手です。

  • 2.紙にこだわる

    名刺の台紙にこだわるのも一つのアプローチです。一般的に、名刺の台紙には上質紙が多く使われていますが、キラキラとしたパール加工があしらわれたものや、鏡のような光沢があるミラーコート加工のものなど、台紙には様々な種類があります。台紙の素材を変えれば名刺に高級感が出たり、明るくポップな印象を与えることができるので、検討してみるのもいいでしょう。

    なお、台紙は名刺を作るうえで価格が大きく変わりやすい要素です。選ぶ際には、価格をチェックし、予算と相談して決めていきましょう。

  • 3.背景色を白以外にする

    一般的な名刺の場合、背景色には白が使われていることがほとんど。そのため、名刺の全面を白以外の色にするだけで、見栄えを他の名刺と大きく変えることが可能です。ぜひ伝えたいイメージカラーで名刺を作成してみましょう。
    また、背景色が白以外の名刺は目につきやすく、名刺を探す際にも見つけてもらいやすいという利点があります。

  • 4.レイアウトにこだわる

    名刺のレイアウトは、自身やデザイナーにレイアウトしてもらい、データ入稿して作る方法と、既に作られている既存デザインから選ぶ方法があります。レイアウトを自身やデザイナーが行う方法は、オリジナリティのある名刺を作ることができますが、その分費用や手間がかかります。

    費用や手間がかけられないという方は、既存のデザインから選ぶ方法がおすすめです。デザインの種類が豊富なショップでお気に入りの一枚を選びましょう。

インパクト大! 印象に残る名刺の実例を紹介!

  • OKマットポスト
    d-0083:越智大介さん作のクリエイター名刺
  • ここからは、印象に残りやすい名刺の実例をご紹介します。どれもデザイン名刺.netで購入が可能ですので、気に入ったデザインがあればぜひ検討してみてください。

職業がひと目でわかる! モチーフイラストをあしらった名刺

パッと見ただけで職業がイメージできるモチーフイラストがあしらわれた名刺です。「何より職業をアピールしたい!」という方なら、とても効果的な名刺になるでしょう。

ミニサイズで個性をアピール

55mmX55mmの正方形のミニサイズ名刺(Mini名刺)はデザイン名刺.netのオリジナル商品です。
通常サイズより小さいので、インパクトがありながらもキュートな印象の名刺が作れます。名刺でも自分らしさをアピールしたい、そんな方にピッタリです。

デザイン性で引き付ける!クリエイター名刺

デザイン名刺.netには、独創的な世界観を持つプロのクリエイターによるデザイン名刺(クリエイター名刺)も豊富に用意しています。以下で一部をご紹介します。

印象に残る名刺を作るなら種類が豊富なショップをチェック!

今回の記事でご紹介したように、印象に残る名刺を作るには、形やサイズ、背景色、台紙、レイアウトと4つのアプローチがあります。アプローチ方法によって費用が大きく変わるものもありますが、一つこだわるだけでも印象に残る名刺を作成することができるので、ぜひ検討してみてください。

また、印象に残る名刺を作る際は、デザインの種類が豊富なショップで選ぶのが一番です。 デザイン名刺.netは、クリエイターによるデザイン名刺、ミニサイズの名刺など、カテゴリー別に豊富なデザインをご用意しています。 さらにご注文フォームからデザインデータを入稿していただければ、オリジナルデザイン名刺の作成も可能です。印象に残る名刺を作りたい方は、ぜひご活用ください。



関連コンテンツ

ケイワンプリントがTVで紹介されました!

NHK国際放送「TOKYO EYE 10月1日放送」で紹介されました!

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン