English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

ワインの専門家・ソムリエの名刺作成のコツやデザインを紹介!資格もアピールしよう

  • レストランなどで、お客様の要望に沿ったワイン選びを助けるソムリエは、ワインの買い付けなど、名刺があると便利なシーンが多い職業です。スムーズに仕事を進めるためにも、一枚は持っておいて損はありません。

    今回は、ソムリエの方に向けて名刺づくりのコツや、おすすめのデザインを紹介します。名刺の必要性やデザインに迷っている方は、ぜひ自分らしい名刺の作成に役立ててみてください。

  • 赤ワインをワイングラスに継ぐシーン

ソムリエに名刺は必要?

ソムリエは、ワインに関する知識を持った専門家です。飲食店やホテルなどでお客様に提供するワインの選定はもちろん、買い付けや品質管理なども担っています。

店内で接客するイメージが強いソムリエですが、他の業種と同様に名刺が求められるシーンは多々あります。担当するお客様に自己紹介として名刺を渡すだけではなく、現地へワインを買い付けに行く際も名刺は欠かせません。特に、買い付け時は身分を明かして信頼を得る必要があるため、名刺は必須アイテムだといえます。

ソムリエの名刺作成のコツ3つ

ソムリエの名刺には、前述のとおり相手からの信頼を得るための工夫が大切です。ここでは、ソムリエの名刺作成時に押さえておきたいコツを3つ紹介します。

  • ソムリエのイメージに合うデザインにする

    ソムリエはワインの専門家であるため、名刺のデザインもイメージに合ったものを採用するとよいでしょう。ひと目でどのような職業の人かわかってもらえて、印象に残りやすくなります。

    例えば、ワインやグラスのイラストを載せたり、ワインをイメージさせる色を使ったデザインを選んだりすると、職業を強くアピールできます。名刺を見返したときにパッと思い出してもらえるよう、ぜひ「ソムリエらしさ」を意識してみてください。

  • 持っている資格があれば記載する

    ソムリエの名刺には、氏名や連絡先などの基本情報のほか、ソムリエに関連する資格情報を記載することがおすすめです。無資格でもソムリエを名乗ることは可能であるため、保有資格を明示することでより信頼を得やすくなり、ワインのプロとして強いアピールができるでしょう。

    ソムリエに関する資格としては、例えば以下のようなものがあります。

    • ワインコーディネーター/ソムリエ

    • ワインナビゲーター

    • ワインエキスパート

    • ワイン検定(ブロンズクラス、シルバークラス)

    日本では、日本ソムリエ協会と全日本ソムリエ連盟が「ソムリエ」の資格認定を行なっています。上記のような資格を持っている場合は、必ず名刺に明記しておきましょう。

  • 顔写真を載せる

    必須ではありませんが、名刺に顔写真を載せるのがおすすめです。名前と顔を一緒に覚えてもらいやすく、相手の印象にも残りやすいメリットがあります。強く自分をアピールしたいときにも便利です。

    写真を載せるのが恥ずかしい場合は、イラストでも問題ありません。顔がわかると安心感があり、親近感が湧いて自然な印象アップを狙えます。

オススメの人気デザイン名刺


より印象的なソムリエの名刺にするために

  • 先ほども軽く触れましたが、保有資格は自分のスキルや知識のアピールになるため、名刺には必ず記載しておきたい事項です。

    実は、日本だけでなく海外にもソムリエ資格があります。海外の資格は言語の壁があり、難度も高いため日本人の取得者はあまり多くないようです。

    こういった高難度の資格を記載すれば、より信頼のおけるソムリエとして自身を印象付けられます。代表的な海外のソムリエ資格2つを紹介するので、スキルアップや名刺でのアピールを目指してチャレンジしてみてください。

  • ワインとグラスを手にお客様へサーブするワインソムリエ
  • Wine&Spirit Education Trust(WSET)

    この資格は、イギリスのワイン教育機関が主催する国際資格です。世界最大規模の機関が主催している資格ということもあり、保有していれば強いアピールになります。

    例えば、ワインやグラスのイラストを載せたり、ワインをイメージさせる色を使ったデザインを選んだりすると、職業を強くアピールできます。名刺を見返したときにパッと思い出してもらえるよう、ぜひ「ソムリエらしさ」を意識してみてください。

  • Master of Wine(MW)

    ワイン業界で最も難度が高いといわれている試験が、このMWです。試験を受けるためには、まずWSET Level 4に合格する必要があります。

    試験内容は6科目の筆記に加え、テイスティングや論文など多岐にわたります。60年以上の歴史ある資格ですが、合格者は2021年時点で世界32ヵ国においてたった418人のみです。この資格が始まって以来、日本人の合格者が2人のみであることからも、その難しさがうかがえるでしょう。

ソムリエにおすすめの名刺デザイン5点

ソムリエの方が名刺を作る際は、職業のイメージに合ったデザインを選ぶことが大切です。とはいえ、ソムリエのイメージに合ったデザインが思い浮かばない方も多いかもしれません。

ここでは、ソムリエにおすすめの名刺デザインを5点紹介します。

    • ビジネス名刺 p-1120
    • ビジネス名刺 p-1120

      パープルの帯にワイングラスのイラストが印刷された名刺です。ひと目でワインのイメージが印象付けられるため、しっかりとソムリエであることをアピールできます。ワインを主役としてシンプルに仕上げた、オトナの魅力漂うデザインです。

    • ビジネス名刺 p-1121
    • ビジネス名刺 p-1121

      グラスに入ったパープルのワインがワンポイントになっている、洗練されたデザインの名刺です。縦型の名刺で、スマートな印象に仕上げられます。名前の部分だけフォントが違うのも、遊び心が利いていてオシャレです。

    • クリエイター名刺-井関麻理子 d-0235
    • クリエイター名刺-井関麻理子 d-0235

      カラフルなワインボトルとグラスがアーティスティックで、個性的なデザインです。名前や職業などを英語表記にすることで、スタイリッシュな印象に。イタリアンやフレンチレストランなどに勤めているソムリエにおすすめです。

    • クリエイター名刺-井関麻理子 d-0301
    • クリエイター名刺-井関麻理子 d-0301

      水彩筆書きのやわらかなラインがアクセントの、シンプルながらあたたかみのあるデザインの名刺です。「ソムリエをアピールしすぎずに、さり気なくワインの要素をちりばめたい」という方は、ワインを連想させる色味を選んで作成してみてはいかがでしょうか。

    • ビジネス名刺 c-1146p
    • ビジネス名刺 c-1146p

      美しいピンクグラデーションが目を引く、印象的な名刺です。英語フォントがアーティスティックな雰囲気を演出してくれるため、個性的なデザインが好きな方におすすめです。写真やイラストを入れることで積極的に自分をアピールでき、他の名刺との差別化も図れるでしょう。

オススメの人気デザイン名刺


まとめ

ワインの専門家であるソムリエにとっての名刺は、お客様への自己紹介だけでなく、買い付けに行った先々での身分証明などでも役立つコミュニケーションツールです。

名刺に資格情報を載せたり、ワインをイメージさせるデザインを使用したりすることで、相手からの信頼を得つつ好印象を残せます。紹介したデザインを参考に、あなたらしい名刺を作成してみましょう。

名刺を作成するなら、ソムリエの方向けのテンプレートが豊富なデザイン名刺.netにお任せください。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

あわせて読みたい記事


名刺仕上り時間

(注文時)

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

Chevron Up