English version is here!

● 【重要】 大雨の影響による配達停止・遅延について 

名刺作成のご注文から名刺印刷の知識まで!デザイナーの作る名刺販売のオンラインショップ デザイン名刺.net にお任せください!

文字

名刺の注文方法

外国での名刺交換マナーとは?文化の違いを理解して柔軟な対応を

名刺は日本のみならず、世界各国のビジネスマンにとって欠かせないアイテムです。ただし、自分の情報や立ち位置を伝えるという目的は一致していますが、名刺交換のマナーについては大きな違いがあります。特に外国でビジネスを展開したり、外国人と接する機会が多かったりする場合、その辺りが気になったことはないでしょうか?

そこで今回は、日本と外国で異なる名刺の位置づけやマナー、知っておいて損はないちょっとした豆知識など解説していきます!

※本記事は欧米の会社、ビジネスマンを想定して解説しています。

日本と外国では、名刺の位置づけが大きく異なる

日本のビジネスシーンでは、初対面の名刺交換は当たり前のようにおこなわれています。いわば挨拶同然のコミュニケーションであり、名刺交換で第一印象が決まるともいわれます。そのため、あらかじめ名刺交換の目的やマナーをしっかり学んでおくことが大切です。

一方、外国は、名刺交換をプラクティカル(実用的)にとらえているため、日本ほどマナーは重要視されていません。もちろん、国によって多少の差はありますが、基本的に「必要があれば名刺を交換する」という傾向が強いです。

これらは文化の違いであり、どちらが正しいということではないため、お互いを尊重したうえで柔軟に対応することを心がけましょう。

日本と外国、名刺交換マナーの違い

  • 日本と外国はそれぞれ名刺の位置づけが異なるため、名刺交換のマナーにも違いがあります。日本式の名刺交換を外国で、あるいはその逆をおこなった場合、相手にマイナスの印象を与えてしまう場合もあるので、違いをしっかり押さえておきましょう。

  • 名刺交換シーン
  • 名刺交換のタイミング

    日本では初対面の相手が現れた場合、まず自己紹介を兼ねて名刺交換からスタートするのが一般的です。ビルの玄関先やロビーでの名刺交換は落ち着かないので、ミーティングスペースや応接室に入ってからおこなうのが基本となります。相手がいつ名刺を出してくるのかはわからないため、すぐ応対できるよう事前に準備しておくことが大切です。

    一方、外国における初対面の挨拶は、握手とスモールトーク(ちょっとした雑談)から始まり、名刺交換のタイミングは特に決まっていません。必要がなければ名刺交換自体をおこなわないケースもあるため、出会ってすぐ名刺を差し出すことはしないほうが無難です。

  • 名刺を差し出す際の位置

    日本では自分の名刺を差し出す際、相手の名刺より低い位置で差し出すことがマナーとされています。また、相手が文字を読みやすいよう、名刺の向きにも注意しなければなりません。

    これに対して外国では、名刺を差し出す位置の高低差に関するマナーが存在しないため、相手が受け取りやすい位置ならどこでもOKです。名刺の向きについては、縦書き・横書きを問わず縦に差し出すのが基本となっています。

  • 名刺をしまうタイミング

    日本では名刺交換が終わった後、すぐ名刺をしまうようなことはせず、商談や打ち合わせが終わるまで机の上に並べておくのがマナーとされています。相手が複数人いる場合、名前を間違わないよう相手の位置に合わせて、なおかつ名刺入れの上に名刺を置くことがポイントです。一通り話し終えたら、退席する直前に名刺をしまいます。

    一方、外国では名刺を受け取った後、すぐに胸やズボンのポケットにしまいますが、これは至って普通のことです。名刺入れにしまったり、テーブルの上に並べたりすることはほとんどありません。

  • 名刺の扱い方

    日本では名刺にメモを書き込む場合、相手と別れてから記入するのがマナーです。日本における名刺はその相手本人であるととらえられているので、相手の目の前で書き込むようなことは大変失礼にあたります。

    しかし、外国では名刺を「ただの紙」ととらえているので、その場でメモを書き込むようなことも普通です。あからさまに驚かないよう、文化の違いをしっかり理解しておきましょう。

ちょっと驚く外国の名刺事情~重要なのは「紙質」!

  • 名刺交換マナーの代わりというわけではありませんが、外国では名刺の「紙質」が重要視されています。外国で名刺交換する場合、紙質は必ずチェックされるといってもいいくらいです。

    例えば、日本では大企業でもペラペラの名刺を使っているケースが多いのに対し、外国の高級ブランド店などは高級素材で作られた厚みのある名刺を使っています。さらに、デザインもかなり凝っているため、受け取った相手もうれしいと感じやすいです。

    外国では、日本のように「挨拶代わりに名刺をばらまく」という文化がなく、今後も付き合いを続けたい相手にだけ名刺を渡します。そのため、相手に良い印象を与えられるよう、名刺の紙質にこだわるのです。

    外国で仕事をする機会があるなら、高級素材で作った名刺を持っておいても損はありません。

  • 名刺交換シーン

外国でのビジネス用の名刺は、紙質も選べるデザイン名刺.netで

外国では日本ほど名刺交換マナーに厳しくありませんが、紙質にこだわるという独自の文化があるため、その辺りを踏まえて名刺を作りたいところです。

デザイン名刺.netでは、英語表記の名刺を作れるのはもちろん、紙質や厚みの異なる20種類以上の素材から好きなものを選んでオーダーできます。海外出張用の名刺を作りたいなどと考えているなら、ぜひお問い合わせください!



関連コンテンツ

知っておきたい名刺の豆知識

企業向け名刺作成ビジネスプラン
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン