高品質名刺作成・名刺印刷のデザイン名刺.net | プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺
Log In ログイン Person会員登録(無料)
エンボス加工

名刺のエンボス加工とは?加工のメリットと種類や注意点を解説

  • 更新日:

    名刺を作る際に、「人よりおしゃれな名刺を作ってみたい」「高級感を出して差別化したい」「印象に残るデザインにしたい」と思う人も多いでしょう。

    名刺には、エンボス加工という浮き出しの加工をする方法があります。

    手軽に加工できて、おしゃれで人と差がつけられるため非常におすすめです。

    この記事では、エンボス加工のメリットを知ることができ、また実際に作る時の種類や注意点について知ることができます。

    名刺でこだわりたい場合には、ぜひ参考にしてください。

  • エンボス加工

名刺のエンボス加工とは?

名刺のエンボス加工とは、名刺の表面に浮き出しの加工をして、凹凸を作ることを言います。

凹型や凸型の版を使って、印刷の紙に凹凸をつける方法です。

浮き出しの加工をすることで、文字や絵柄を浮き出すことができます。

立体的な陰影を作ることができるため、名刺がおしゃれな印象になっておすすめです。

エンボス加工をする内容としては、次の文字や絵柄などが多くなっていますので、参考にしてください。

  • 会社名などの文字
  • 会社のロゴ
  • イラスト
  • 氏名(細かい文字は不可)

ある一定の大きさの文字の場合には、氏名などもエンボス加工することが可能です。

  • 名刺でエンボス加工するメリット

    エンボス加工には次のメリットがあるため、最近では名刺にエンボス加工をする人も増えています。

    • 凹凸があることで高級感が演出できる
    • エンボス加工は安価で作成できるため印刷会社に依頼しやすい
    • デザインの面でインパクトが出せる

    凹凸があることで高級感が演出できる

    エンボス加工は、凹凸があることで、質感として趣があり、高級感が演出できるのがメリットです。

    また、印象に残るおしゃれな個性的な名刺を作ることで、名前や会社を覚えてもらえるのに役立ちます。

    エンボス加工は安価で作成できるため印刷会社に依頼しやすい

    エンボス加工をしてくれる名刺印刷会社は多く、気軽に依頼しやすく安価でできるのもメリットです。

    デザインの面でインパクトが出せる

    エンボス加工をした場合には、デザイン面で以下のようなメリットがあります。

    • シンプルなデザインや色使いの場合でも印象的なおしゃれな名刺が可能
    • 個性的なデザインなどを浮き出させることができる
    • 名刺の小さな紙面を最大限に活かす演出ができる
    • エンボス加工は全面・部分と様々に使い分けて加工できる
    • 名刺の用紙の選び方で雰囲気をさらに演出することが可能

    エンボス加工では、シンプルなデザインや色使いの名刺でも、印象的にできることがメリットです。

    また、一方で個性的なデザインを強調させられるのが魅力です。

    さらに、小さな紙面の名刺のため、デザインでインパクトを与えられないこともありますが、エンボス加工でインパクトを出すことが可能です。

    陰影をつけて、立体感のある名刺を作れるのがメリットです。

    また、エンボス加工は、全面をエンボス加工したり、一部分だけを加工したりでき、様々な加工の仕方が可能です。

    そのため、オリジナリティを出せるのがメリットと言えます。ロゴやイラスト、文字などの一部をエンボス加工して浮き出させるとポイントになっていいでしょう。

    部分的に使う方法としては、穴あきエンボス加工を活用して、レースのような繊細な加工を名刺に施すこともできます。

エンボス加工名刺を上手く作るポイント

ここからは、エンボス加工名刺を上手く作るポイントを解説していきます。

  • 用紙にこだわる

    エンボス加工では用紙を選ぶことで、さらにメリットが大きくなります。浮き出しの効果や趣のある雰囲気、高級感をさらに増すことができておすすめです。

    用紙を選ぶ際のポイントは3つです。

    • 厚さ
    • 地模様

    紙は適度な厚さがあるものが良いのですが、あまり厚すぎると圧が入りにくくなり、エンボス加工がしづらくなります。

    デザイン部分の盛り上がりが浅くなるでしょう。

    また、紙の色によっても凹凸の陰影の印象が異なりますので、色選びも大切です。

    さらに、地模様がある紙を選ぶことで、より特別感、高級感のあるエンボス加工の名刺になります。

    エンボス加工の種類を知っておく

    エンボス加工には、様々な技法の種類がありますので、知っておくと理想に近い名刺が仕上がります。

    • 深絞りエンボス加工:深絞りエンボス加工は、凹凸の形状や屈曲角度を調節でき、緻密な表現ができる加工です。
    • 微細エンボス加工:微細エンボス加工は、細かな技巧が施せ、光沢面のツヤ消しも可能です。
    • 穴あきエンボス加工:浮き彫りと同時に微細な穴も開けられ、穴によって光の通過量、陰影を調整、レースのような演出も可能です。

    そのため、派手な色や奇抜なデザインの名刺入れは適しておらず、このような名刺入れを使用してしまうと、名刺交換の時点で相手からマイナスな印象を抱かれてしまう可能性もあるため避けるようにしましょう。

    用紙の種類を知る

    エンボス加工ができる紙の種類はいろいろあります。

    エンボス加工で、高級感を出したいのか、おしゃれなエレガントな雰囲気にしたいのか、風合いや渋みを出したいのか、ナチュラルな雰囲気を出したいのかなどで、紙を選ぶことも大切です。

    • ケンラン名刺(サラサラとした質感の硬めの紙)
    • ディープマット(風合いがあり渋みがある紙)
    • GAファイル310kg名刺(浮き出し加工可能な最も厚みのある紙)
    • カラープラン名刺(浮き出しと相性の良い紙で上品できれいな印象)
    • スタードリーム名刺(ラメが輝く美しい紙でエレガントな雰囲気の紙)
    • ビオトープ名刺(コクのある紙色が揃う)
    • キュリアスメタル名刺(繊細で上品なラメ感のある紙、美容系などの名刺におすすめ)
    • コットンカード名刺(コットン配合のエンボス加工で優しいナチュラル感を演出可能)
    • 新アトモス名刺(大理石のような、羽のようなおしゃれな柄のある紙)
    • キュリアススキン名刺(サラサラとした紙)

    紙の特徴を知った上で、エンボス加工をしてみるといいでしょう。

    名刺のエンボス加工の注意点

    名刺にエンボス加工をする際の注意点についても紹介します。

    エンボス加工をすると、名刺の裏面は凹状になり、へこみますので、印刷がしにくくなります。

    裏面に印刷をしたい場合は、デザインに気をつけてください。

    また、エンボス加工をした場合は、1㎜~2㎜程度の加工のずれが生じる場合がありますので、繊細なデザインが難しい場合があります。

    文字をエンボス加工する場合ですが、細かな文字で7pt以下のフォントの場合は難しいです。

まとめ

名刺のエンボス加工について紹介しました。

エンボス加工をすることで、浮き出しのある印象的な名刺を作ることができておすすめです。

おしゃれな名刺、趣のある名刺、高級感のある名刺などで、印象を残したい時にエンボス加工は1つの選択肢といえます。

安価で、印象的な高級感のある名刺が作れるいい方法です。

エンボス加工は、デザイン面でのメリットが多くあります。

  • シンプルなデザインや色使いでも印象的なおしゃれな名刺が可能
  • 個性的なデザインなどを浮き出させることができる
  • 名刺の小さな紙面を最大限に活かす演出ができる
  • エンボス加工は、全面・部分と様々に使い分けて加工できる
  • 名刺の用紙の選び方で雰囲気をさらに演出することが可能

オシャレで高級なデザイン、また趣のあるデザインが作れますので、上手にエンボス加工を利用して、オリジナリティのある名刺を作ってみてください。



あわせて読みたい記事


名刺仕上り時間

(注文時)

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

ビジネス名刺

就活名刺

プライベート名刺

クリエイター名刺

おやこ名刺

ペット名刺

Mini名刺(ミニ名刺)

シニア名刺

ショップカード

サンクスカード

割引クーポン

Chevron Up