English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺の注文方法

名刺入れの賢い使い方とは?今さら聞けない基本

ビジネスパーソンが挨拶するときに欠かせないのが、名刺交換です。名刺交換には名刺入れが必須ですが、実は名刺入れの使い方についてよくわかっていない人も多いのではないでしょうか。

今回は、ビジネスシーンにおいて不可欠である名刺入れの使い方について紹介します。名刺入れの選び方についても解説しているので、これから名刺入れを購入する方は、ぜひ参考にしてください。

基本の名刺入れの使い方

  • まずは、基本的な名刺入れの使い方について、5つのポイントを紹介します。

  • 名刺入れと名刺
  • 自分の名刺はメインポケットに入れる

    名刺入れによっては、内部に複数のポケットが用意されているものもあります。いくつかポケットがある場合には、最も多くの枚数が入るマチ付きのポケットに自分の名刺を入れるようにしましょう。

    また名刺を入れるときは、入れる向きにも一工夫しておくことが大切です。取り出したときに、そのまま相手のほうに向く方向で名刺をしまっておけると、ムダな動作を減らしてスマートな名刺交換が行なえます。

  • 頂いた名刺はサブポケットに入れる

    名刺入れにサブポケットがある場合、頂いた名刺はサブポケットに入れるようにしましょう。頂いた名刺と自分の名刺を区別しておかないと、次の名刺交換の際に間違って別人の名刺を出してしまう可能性があるためです。サブポケットがない場合は、名刺入れの一番うしろに入れるようにするなど、頂いた名刺を間違えて差し出してしまわないよう十分に注意してください。

    そして社内に戻った際に、頂いた名刺をカードケースなどに移し、大切に保管しておきましょう。次回使うときは、他人の名刺が入っていない状態にしておくのが理想的です。

  • 名刺は必ず多めに準備しておく

    名刺入れを持ち出すときは、必ず中身を見て十分な枚数が入っているかどうかを確認しましょう。十分な枚数がないと、予想外の名刺交換が発生した際に対応できません。

    名刺が足りなくなってしまうことは、ビジネスパーソンとしてはあってはならないミスです。想定以上に多くの人と名刺交換をすることになってもいいように、常に20~30枚は名刺をストックしておくと安心でしょう。ただし、あまりにも入れすぎると名刺が取り出しにくくなるため、名刺入れのサイズに合わせて枚数は調整してください。

    「十分な枚数が入っていると思ったら、半分以上が頂いた名刺だった」という失敗をしてしまうケースもあります。名刺の枚数を確認するときは、頂いた名刺を自分の名刺としてカウントしないように注意が必要です。

  • 名刺入れをしまう場所は、あらかじめ決めておく

    名刺入れを使うときは、名刺入れ自体をしまう場所についても注意が必要です。いざ名刺交換となったときに、慌てて名刺入れを探す姿は不格好な印象を与えるため、必ず決まった場所に名刺入れをしまっておきましょう。

    男性ならスーツの内ポケット、女性ならバッグ内のポケットなどが取り出しやすくておすすめです。

  • 名刺入れをズボンやスカートのポケットに入れるのはNG

    名刺入れをズボンやスカートのポケットに入れるのは、マナー違反にあたります。これは、椅子に座った際に名刺が折り曲がってしまう可能性があることに加え、ズボンのお尻のポケットに名刺入れをしまっている場合は、「相手の分身ともいえる名刺の上に座る」ことになってしまうためです。

    マナーの観点から見ても、名刺は必ず腰より高い位置にしまうようにしてください。

使いやすい名刺入れの選び方

  • 正しく名刺入れを使うためには、名刺入れの選び方にも一工夫が必要です。ここからは、名刺入れの選び方について解説します。

  • 名刺入れと名刺
  • 複数のポケットがあり、容量が大きめのものを選ぶ

    名刺入れを選ぶ際は、複数のポケットがあって容量が大きいものを選びましょう。ポケットが1つで容量が小さいと、自分の名刺と頂いた名刺を整理して収納することができません。

    特にアルミなどで作られたタイプの名刺入れは、複数のポケットが用意されていないため避けたほうが無難です。

  • 傷が目立たない、革製のダークカラーのものを選ぶ

    名刺入れの素材にはさまざまなものがありますが、最もおすすめなのが革製の名刺入れです。革製であれば、汚れも目立ちにくく時間とともに味が出るため、愛着を持って長く使えるでしょう。

    色は黒や茶色、紺色などの落ち着いた色であれば、シーンを選ばずに使用できます。女性であればベージュや白もおすすめですが、汚れが目立ちやすいため使い方に気を付ける必要があります。

    参考記事:名刺入れの選び方を徹底解説!男女別に気を付けたいポイントも紹介します

まとめ

名刺入れの使い方は、ビジネスパーソンとして必ず押さえておきたい知識です。今までなんとなく名刺入れを扱っていたという方は、この記事を参考に正しい名刺入れの使い方を実践してみてください。

名刺入れを正しく使って快適に名刺交換をするためには、名刺入れの選び方も非常に重要となってきます。名刺入れを購入する際は容量や素材、色にこだわって選ぶようにしましょう。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


オススメ・売れ筋商品

Trophyすべて

Trophyビジネス名刺

Trophy就活名刺

Trophyプライベート名刺

Trophyクリエイター名刺

Trophyおやこ名刺

Trophyペット名刺

TrophyMini名刺(ミニ名刺)

Trophyシニア名刺

Trophyショップカード

Trophyサンクスカード

Trophy割引クーポン

新作デザイン

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up