English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺に住所を載せたくない!おすすめ対処法

個人事業主やフリーランスとして働く方のなかには、自宅を事務所にしていることが少なくはないでしょう。そういった方が名刺を作成するとき、「自宅である事務所の住所を多くの目に触れる名刺に記載したくない」と考えることは珍しくありません。

そもそも自宅が事務所のとき、名刺には住所を記載するべきなのでしょうか。今回は、名刺に住所を記載する必要性や載せたくないときの対処法について解説します。

必ずしも名刺に住所を載せる必要はない

  • 企業の場合は事務所の住所を名刺に記載すべきですが、実は個人事業主の場合は住所を記載する必要はありません。個人で働く方の場合、事務所として使っている自宅の住所を名刺に記載することで、不特定多数の方に住んでいる場所を知られてしまうリスクがあるからです。

    防犯の観点から見ると、自宅を事務所にする場合は、住所を名刺に記載しないほうが良いことが非常に多くあります。特に、一人暮らしの女性や家族で暮らしている方は、不用意に住所を人の目に触れる場所へ記載しないように注意することが必要です。

    名刺には名前や電話、メールアドレスなどの最低限の連絡先だけを記載しておけば問題ありません。名刺だけでなく、ホームページやSNSなどの誰でも見られる場所にも、住所を記載しないようにしましょう。

  • ビジネスが軌道に乗り、新しい名刺内容を考える女性

オススメの人気デザイン名刺


名刺に住所を載せない場合のデメリット

先述のとおり、名刺に住所を記載したくないときは、連絡先さえわかれば住所を記載する必要はありません。ただし、住所を載せないことによって発生する弊害もあります。
ここでは、名刺に住所を載せなかった場合のデメリットを紹介します。

  • 契約書などが届かなくなる

    名刺に住所を記載しないと、取引先と郵送でやり取りをするときに郵送先がわからず、相手が困ってしまうことがあります。また、契約書には住所の記載が必須であることが多いため、結局あとから住所を伝えることになる可能性がある旨を理解しておきましょう。

    近年はメールでのやり取りも多く、書類もデータ化してメール添付することが多いため、住所を伝える必要性はなくなりつつあります。しかし、取引先がアナログのやり取りを好む企業の場合は、郵送で対応しなければならないケースもあることに注意しましょう。

  • 企業によっては信頼度が下がることがある

    企業のなかには、住所がはっきりした人としか取引をしたくないと考えているところもあります。そういった企業の場合、名刺に住所が記載されていないだけで信頼度が下がってしまうリスクがあるかもしれません。

    住所は、会社の所在地を示すものです。所在が不明な企業に対して不安を抱かれることは、仕方のないことなのかもしれません。

オススメの人気デザイン名刺


名刺に住所を載せたくない場合の4つの対処法

  • 名刺に住所を記載しないと、郵送をする際に不便があったり、信頼度が下がってしまったりして、デメリットが生じることもあります。しかし、このデメリットは少しの工夫で回避が可能です。

    ここでは、名刺に住所を載せたくないときの対処法を4つ紹介します。

  • 名刺を郵送するために封筒の準備をしている
  • 名刺に住所の途中までを記載する

    「自宅を特定されるのは怖いけど、住所を載せておきたい」というときは、町名やおおよその番地など、住所を途中まで記載しておく方法がおすすめです。

    この対処法であれば個人宅が特定されることがありません。住所が記載されているため、信頼度が下がることもないでしょう。

    ただし、おおよその町名がわかっていれば、最寄り駅での待ち伏せやストーカーなどで自宅が特定されるリスクもあります。さらに取引先が名刺を紛失してしまい、情報が漏れてしまう可能性もゼロではありません。一人暮らしの女性や家族と一緒に住んでいる方の場合は、十分に注意しましょう。

  • 住所あり・なしで別々の名刺を用意する

    用心するのであれば、住所を記載した名刺と住所を記載していない名刺をそれぞれ用意する方法もあります。多くの場合、名前や連絡先だけが記載された名刺でも取引上の不都合が生じることはありません。そのため、日常的な仕事では住所を載せていない名刺を使うことになるでしょう。

    そして、契約書を交わす企業や信頼性をアピールしたい企業に対してのみ、住所を記載した名刺を渡します。このように必要に応じて使い分けると、プライバシーを守りながら安心して仕事をすることが可能です。

  • レンタルオフィスを活用する

    レンタルオフィスや住所貸しサービスを利用して、その住所を名刺に記載する方法も便利です。近年は郵便物を転送するサービスも提供されており、プライバシーを守りながらスムーズに手助けしてくれるサービスが増えてきました。

    そういったサービスのなかには、電話番号の貸出サービスを提供しているところもあります。「信頼性アップのために固定電話を載せたいけれど、自宅の電話番号を知られたくない」という方も、安心して名刺に電話番号を載せられるでしょう。

  • 住所は実際の取引が生じる直前に教える

    取引先との業務で住所を伝える必要性を感じなければ、住所を伝えなくてもよいでしょう。普段は住所記載のない名刺を使い、契約書の締結時や郵送時にあらためてメールなどで住所を伝えても問題ありません。

    この場合は、名刺交換や挨拶をするときに「自宅を事務所として利用しており、プライバシー保護のため、住所は後日伝えます」と言えば、悪印象になることはないでしょう。

まとめ

自宅を事務所にしている場合、名刺に住所を記載することで犯罪の被害に遭うリスクが生じる恐れがあります。個人事業主にとって名刺の住所は必須事項ではないため、プライバシーを保護したいときは住所を名刺に記載しなくても問題ありません。

ただし、住所を伝えないことにはデメリットもあります。デメリットを回避して業務を進めたいのであれば、今回紹介した対処法をぜひ実践してみてください。

「ハイクオリティな名刺をお手頃価格で作りたい」「豊富なデザインのなかから、自分にぴったりの一枚を見つけたい」という個人事業主やフリーランスの方は、ぜひデザイン名刺.netをご活用ください。

デザインテンプレートは2,000種類以上、1,250円~名刺作成が可能!
デザイン名刺.netでデザイン名刺をチェック!



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


名刺仕上り時間

(注文時)

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up