English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺の注文方法

印象管理とは?ビジネスに役立つ3つの効果

最短1時間でスピード名刺作成!

「もっと自分の印象が良ければ、この仕事はうまく進んだかもしれない」と悔しい思いをしたことはありませんか?ビジネスにおいて印象は非常に重要な要素のひとつで、印象の良し悪しが成果を左右してしまうケースも少なくありません。

相手に与える印象を良くしてビジネスをスムーズに進めたいのであれば、一案として“印象管理”を行なうことが有効です。この記事では、ビジネスで役立つ印象管理について、詳しく解説します。

印象管理とは?

  • 印象管理とは、ビジネスを含む対人場面で相手に好意的な印象を持ってもらうために行なう行動のことです。意識的に行動する場合もあれば、無意識的に行動してしまう場合もあるでしょう。わかりやすいものでいうと、人とすれ違うときに表情を作ったり、無意識に髪型を直したりする行動が、印象管理にあたります。

    印象管理を意識して行動することで、ビジネスシーンにおいてもプラスの印象を与えることが可能です。「第一印象に自信がない」「いまいち存在感をアピールできていない」という方は、意識的に印象管理をするように心がけましょう。

  • い名刺入れと名刺

印象管理がもたらす3つの効果

それでは、実際に印象管理をすると、具体的にどのような効果が得られるのでしょうか。
本章では、印象管理がもたらすおもな3つの効果を紹介します。

  • 第一印象を良くすることができる

    人の第一印象は、出会った最初の数秒間で決まるといわれています。
    “メラビアンの法則”によると、人の印象を決める際に判断材料となる要素の割合は、視覚情報が55%、聴覚情報が38%と大半を占めており、言語情報はわずか7%であるとされています。

    つまり、印象管理で見た目(視覚情報)や話し方・声色(聴覚情報)をコントロールするだけで、効果的に自分をアピールできるようになるのです。

  • 一度定まった第一印象を変えることができる

    たとえ第一印象が良くなくても、うまく印象管理を行なえば、以下のように挽回することも可能です。/100枚)+インク代がかかってしまうため、場合によっては業者よりも高額になることがあります。

    • 一見気難しそうに見えたが、話してみると意外に気さくで親切な人だった
    • 優柔不断で頼りない印象だったが、実は芯が強く、熱意にあふれる人だった
    • のんびりした人だと思っていたが、気配り上手で頼りになる人だった

    万が一はじめの印象管理を失敗してしまっても、意識して行動することで印象アップを狙うことは可能です。このように、印象管理はあとからでも効果を発揮してくれるものなのです。

  • 相手の記憶に深い印象を残すことができる

    印象管理を意識して行動できる人は少数派であるため、意識して印象管理ができると、相手に深い印象を残すことが可能です。

    その結果、「なんだか、すごく印象の良い人だったな」「他の人とは何か違うな」といったように、特別な印象を与えることができるでしょう。

印象管理の具体的な方法

  • 実際に印象管理をしたいと思っても、具体的な方法がわからない方も多いかもしれません。ここでは、ビジネスシーンで活用できる印象管理の具体的な方法について4つ紹介します。

  • 名刺作成注文イメージ
  • いつも朗らかに、機嫌よく振舞う

    「常に仏頂面で怖い……」「なんとなく怒っているような雰囲気がある……」「いつも機嫌が悪そう……」、このように思われてしまうと、ビジネスシーンでは大きく損をしてしまいます。相手が萎縮して円滑なコミュニケーションが取れなくなってしまうためです。

    印象管理をしたいのであれば、いつも朗らかに機嫌よく振舞うようにしましょう。万が一最初にネガティブなイメージを与えてしまったとしたら、次に会ったとき笑顔で朗らかに接するようにして、できるだけ早い段階で挽回しましょう。

  • 礼儀やビジネスマナーに最大限気を配る

    服装や言葉遣いに気をつける、時間厳守を徹底する、笑顔で挨拶を欠かさないなど、基本のビジネスマナーを守ることは印象管理の有効な方法です。マナーを守れる人を嫌いになる人はいませんし、礼儀正しくて信頼できる人物だという印象を与えられます。

  • 積極的に自己開示をする

    印象管理をしたいときは、自己開示をすることも非常におすすめです。自己開示とは、自分の個人的な情報を相手に話すことです。自分が好きなことや、詳しいことを進んで話すことで、自然と相手との距離が縮み、信頼関係の構築が容易になります。

    さらに、単に好きなことだけではなく、得意なことや実績などを自然な形で少しずつ織り交ぜられると、思わぬビジネスチャンスが得られるかもしれません。

  • 自分の印象を客観的に分析し、良い意味での意外性を演出する

    今自分がどのように思われているのかを客観的に分析し、意外性のある行動を取ることも印象管理には有効です。

    • 堅苦しい人だと思われているなら、ペットや子どもの話で意外な親しみやすさを演出する
    • 厳しい人だと思われているなら、気遣いや温かさを感じさせる行動を取る

    上記のような、普段の印象とは真逆の行動を取ることで意外性を演出すれば、ギャップによる印象向上を図ることが可能です。

まとめ

印象管理とは、対人関係において相手に良い印象を抱いてもらうために行なう無意識的・意識的行動のことを指します。ビジネスにおいて印象管理は非常に重要で、うまく活用することでよりスムーズに仕事を進められるようになるでしょう。

たとえ現時点で悪い印象を与えてしまっているとしても、印象管理でその印象を挽回させることは十分に可能です。この記事を参考に、ぜひ印象管理を実践してみてください。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


オススメ・売れ筋商品

Trophyビジネス名刺

Trophy就活名刺

Trophyプライベート名刺

Trophyクリエイター名刺

Trophyおやこ名刺

Trophyペット名刺

TrophyMini名刺(ミニ名刺)

Trophyシニア名刺

Trophyショップカード

Trophyサンクスカード

Trophy割引クーポン

新作デザイン

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

知っておきたい名刺の豆知識

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up