English version is here!

● 夏季休業(8月8日~8月16日)について ● 【重要】 大雨の影響による配達停止・遅延について 

名刺作成のご注文から名刺印刷の知識まで!デザイナーの作る名刺販売のオンラインショップ デザイン名刺.net にお任せください!

文字

名刺の注文方法

ショップカードとは?

お店の売り上げを伸ばしたい、もっと多くのお客様に向けて宣伝したい、といった理由から、近年ショップカードを作成する店舗が増えてきています。ショップカードは集客の観点から見て有用なほかにも、さまざまなメリットがあります。しかし、作成するにあたって、記載内容や効果がよくわからない、という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ショップカードに記載するべき内容や効果、メリット・デメリットについて解説していきます。

ショップカードとは?基本情報をおさらい

まずはショップカードの概要から解説します。

  • ショップカードとは?

    • ショップカードとは、わかりやすく言えば「お店の名刺」です。ビジネスマンが使っている一般的な名刺と同じく、店舗名やサービス内容を認知してもらうために渡しますが、より宣伝の意味合いが強くなっています。
      名刺は取引先の社員と打ち合わせなどをおこなう際、お互いの自己紹介や連絡先を教えるために交換するものです。

      一方、ショップカードは宣伝目的で渡すものなので、レジの横に置いて自由に持ち帰ってもらったり、レシートと一緒に渡したりするなどして配布します。できるだけ多くのお客様に配ることが大切です。

    • ショップカードを手渡す店員
  • ショップカードに記載する内容の例

    ショップカードには次のような項目を記載するといいでしょう。

    • ショップ名
    • ロゴマーク
    • 所在地
    • 営業時間
    • 電話番号
    • 写真
    • ホームページURL
    • SNSアカウント
    • QRコード

    上記のほか、裏面に「クーポン」や「スタンプカード」を印刷すれば、より高い集客効果が期待できるためおすすめです。

ショップカードを作成するメリットとは?

  • 次に、ショップカードを作成すると、どのような効果やメリットが発生するのか、くわしく解説します。

  • 名刺交換シーン

  • お客様がお店の情報をすぐに確認できる

    ショップカードには、店舗の所在地や電話番号などの基本情報を掲載できます。お客様が再訪したいと思ったとき、ショップカードが手元にあればすぐにお店情報を確認できるので、検索する手間が省けます。
    また、ショップカードは名刺とほぼ同じサイズで作成されることが多いので、財布に入れて携帯してもらえます。また、お客様が友人・知人と会うときに、ショップカードを通じて宣伝してくれる可能性もあるので、さらなる集客効果が期待できるでしょう。

  • お店を覚えてもらいやすくなる

    レジの横やテーブル上など、お客様の目が届きやすい場所におしゃれなショップカードを置いておけば、お店を覚えてもらいやすくなります。たとえカードを持ち帰ってもらえなくても、視覚的にアピールすることができるのです。
    ショップカードがあるかないかで、お店の印象も大きく変わってくるでしょう。

  • SNSなどで拡散される可能性もある

    ショップカードのデザインを工夫して、お客様が「おもしろい」、「かわいい」などと感じてくれれば、SNSなどで拡散してもらえる可能性があります。SNSは拡散力が強いため、大きな宣伝効果が期待できます。「インスタ映え」なども意識して、デザインを検討しましょう。

    また、ふだんの何気ない会話などの中から、お客様の家族や知人がショップカードを目にしたり、関心を持ったりしてくれる可能性もあります。そこからお店の情報が広がることもあります。

ショップカードを作成するデメリットとは?

ショップカードはお店の集客方法として有効ですが、作成のデメリットもあるため、あわせて確認しておきましょう。

  • 費用がかかる【業者に依頼する場合】

    おしゃれなショップカードを作成したいなら、プロのデザイナーが在籍している業者へ依頼するのが一般的です。料金体系は業者によって異なりますが、デザインや素材にこだわるほど費用も高くなる傾向があります。
    集客に成功したとしても、外注費用が高すぎると結果的に利益が出ない可能性もあります。あらかじめ費用のボーダーラインを決めたうえで、プロに依頼するかどうかを検討することが大切です。

  • 手間や時間がかかる【自作する場合】

    ショップカードを自作する場合、費用を節約できる代わりに手間や時間がかかります。デザイン用ソフトの使い方を覚えることはもちろん、プリンターを設定したり、材料を用意したりする必要もあるので、慣れないとかなりの手間と時間を要するでしょう。
    また、業者が作成するようなショップカードと比べると、デザイン面でやや見劣りすることもあるかもしれません。ショップカードのクオリティが低いと、集客どころかお店のイメージを悪くしてしまう可能性もあるので、十分に気をつけましょう。

  • デザインセンスが必要【自作する場合】

    自作のショップカードで集客したいなら、それなりのデザインセンスが求められます。お店のコンセプトが一目で伝わるようにしたり、他店にはないオリジナリティを出したりするなど、印象的なデザインに仕上げることが大切です。
    また、伝えたい情報がしっかりお客様に伝わるよう、レイアウトも考慮しなければなりません。

ショップカードの作成ならデザイン名刺.netにお任せください!

ショップカードをうまく活用すれば、お店の認知度が高まるだけではなく、リピート率の向上や新規の顧客獲得なども実現可能です。
デザイン名刺.netでは、名刺に加えてショップカードの作成もリーズナブルな価格で承っています。豊富なデザインを選べるのはもちろん、裏面にクーポンなど印刷することも可能です。ショップカードの作成を検討しているなら、ぜひデザイン名刺.netまでお問い合わせください。



関連コンテンツ

企業向け名刺作成ビジネスプラン
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン