English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

作家や小説家の名刺を作る際のポイントは?おすすめの名刺デザイン3選

  • 小説家をはじめとする作家は、基本的に自宅での作業が多い職業です。そのため、他の職業と比べると名刺の必要性が低いと考えられがちですが、それでも名刺は作っておくことをおすすめします。

    この記事では、作家が名刺を作成すべき理由や、作成時のポイントを紹介しています。ビジネスチャンスを広げるためにも、名刺作成のコツを押さえておきましょう。

  • 小説の束

作家や小説家が名刺を作成するべき理由とは?

  • 作家は自宅で執筆作業することが多いため、一般的な会社の営業職のように人と出会う機会は少ない傾向にあります。とはいえ、セミナーなどのイベントや企業との打ち合わせなど、他の人と交流を持つシーンは多少なりともあるはずです。こういったときに、自分の作品のタイトルを記載した名刺を渡せれば、スムーズに自己紹介ができるでしょう。

    また、作家のなかには、出版社などに自分を売り込む機会が多い方もいるかもしれません。名刺を持っていれば、営業活動を進める際にも相手の印象に残りやすくなります。常に持ち歩くことで、思わぬところから舞い込んでくる仕事のチャンスにも即座に対応でき、機会損失を減らせるでしょう。

  • 原稿用紙と万年筆

作家・小説家の名刺作成のポイント

作家や小説家が名刺を作成するときは、せっかくの出会いを今後のチャンスにつなげられる内容を意識することが肝心です。ここでは、作家としての名刺作成時に意識したいポイントを紹介します。

  • 基本情報を記載する

    作家の名刺には、一般的な名刺と同様に基本情報を記載しましょう。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなど、コンタクトを取るために必要な情報を明記します。

    ただし、作家の場合は、住所や電話番号が個人のものであることが多い傾向にあります。プライバシーを保護するためにも、個人情報を記載した名刺を渡す場合は注意が必要です。あらかじめ「レンタルオフィスの住所を活用する」「仕事用の連絡先を別に用意する」などの工夫をしておけば、多くの人にも安心して渡せるでしょう。

  • ペンネームだけでなく本名も記載する

    名刺には、基本的にペンネームと本名どちらも記載しましょう。執筆依頼を受けるだけであればペンネームのみでも問題ありませんが、原稿料が発生する場合は、相手が本名を知らないと不都合なことが多いため注意が必要です。

    事情があって本名を明かすことに抵抗がある場合は、原稿料振り込みや契約書締結の際に個別で名前を伝えるとよいでしょう。

  • 実績やポートフォリオを記載する

    これまでに執筆した作品がある場合は、作品名や発表先などを記載しておきましょう。作家としての実力や作風を知ってもらうことで、より相手との信頼関係を構築しやすくなります。

    ポートフォリオを作成して公開している場合は、URLなどを記載しておくと親切です。また、QRコードを載せておくと、よりアクセスしてもらいやすくなります。ポートフォリオにジャンプできるようにしておくと、気軽に今までの作品に目を通してもらえるでしょう。

  • キャッチフレーズや得意ジャンルを記載する

    一口に作家といっても、小説家や脚本家、絵本作家など業種はさまざまです。名刺に「自分がどのような作品を書く作家なのか」を一言で表現する文言を入れておくと、相手に業務内容をイメージしてもらいやすくなります。

    可能であれば、作風を表すキャッチフレーズや「ミステリー作家」「ノンフィクション作家」など、作品のジャンルを記載しておきましょう。何をしているのかをしっかりと伝えられれば、新しい仕事のチャンスをつかみやすくなります。

作家・小説家におすすめの名刺デザイン3選

ここでは、作家におすすめの名刺デザインを3点紹介します。あなたらしいデザインを見つけて、好印象につながる名刺を作成しましょう。

    • クリエイター名刺-岡崎美穂 d-0263
    • クリエイター名刺-岡崎美穂 d-0263

      本と栞のイラストが中心に配置され、差し色のオレンジがキュートで上品な印象を与えるシンプルな名刺です。あえて記載する情報を最小限にとどめ、バランス良くオシャレに仕上げている点がポイント。

      裏面に情報を記載すれば、デザイン性を高めつつしっかりと実績やポートフォリオをアピールできます。

    • ビジネス名刺 pk-1152
    • ビジネス名刺 pk-1152

      作家の象徴ともいえる、原稿用紙と万年筆を印刷したデザインの名刺です。手書き風のイラストとゆるっとした文字フォントが個性的で、世間一般の「作家」というイメージにマッチしているといえるでしょう。ひと目で職業を印象付けられる、シンプルなおすすめ名刺です。

    • プライベート名刺 p-1155
    • プライベート名刺 p-1155

      鉛筆でスラスラと書き進めることをイメージさせる、作家に向いているデザインの名刺です。ラフなイラストや手書き感のある曲線が親しみやすいこのデザインは、堅苦しすぎない名刺を作りたい方にぴったりでしょう。

      ここで紹介しているカラーは青色ですが、その他に白と緑があるため、自分のイメージカラーに合った1枚が作成できます。

まとめ

小説家をはじめとする作家は、外部の人と交流する機会があまり多くない職業ですが、セミナーや営業などで新しい人脈を形成し、ビジネスチャンスを広げる機会はゼロではありません。作家の方も名刺を作成しておけば、いざというときでもチャンスを逃さず、人脈を広げるコミュニケーションツールとして活用できます。

作家として名刺を作るときには、必ず執筆実績や作品名を記載しておきましょう。今までの作品とともに自分をアピールできれば、新しい仕事を獲得する大きなチャンスにつなげられます。

作家にぴったりな名刺を作成するなら、豊富なデザインからあなたらしいものを選べるデザイン名刺.netにお任せください。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

あわせて読みたい記事


名刺仕上り時間

(注文時)

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

Chevron Up