English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺の注文方法

就活生の名刺入れを選ぶ際の5つのポイント

最短1時間でスピード名刺作成!

就職活動(就活)をするとき、学生が訪問先企業の担当者から名刺を受け取る機会は数多くあります。

社会人であれば、受け取った名刺は名刺入れにしまうことが基本ですが、就活生の場合にも名刺入れを用意する必要はあるのでしょうか。また、名刺入れを用意するのであれば、どのような名刺入れを選べば良いかも気になるところでしょう。

今回は、就活生に名刺入れが必要かどうかを解説します。併せて、名刺入れを選ぶときに押さえておきたいポイントも紹介しますので、購入前にチェックしておきましょう。

就活生にも名刺入れは必要?

  • まだ自分の名刺を持っていない状態の学生が、名刺入れを持つ必要はあるのでしょうか。まずは、就活生が名刺入れを持つ必要性について解説します。

  • 名刺作成注文イメージ
  • 原則、就活生は名刺入れを持つ必要はない

    就活をするにあたって名刺を作成する学生もいますが、基本的に自分の名刺を持っていない就活生にとって、名刺入れは必須のアイテムではありません。持っていないからといって、就活の場面でマイナスの印象を抱かれることもないでしょう。

    ただし、学生のうちから名刺入れを持っておくと、次のようなメリットが得られます。

    • 使い方に慣れ、入社したときにビジネスマナーに困らない
    • 意識が高い学生という印象を残せる

    このように学生のうちから名刺入れを持っておくと、のちに役立つ場面が出てきます。自分の名刺を持っていない学生であっても、名刺入れは持っておいて損はないでしょう。

  • いただいた名刺の管理には大いに役立つ

    名刺入れは、自分の名刺を入れるためだけのものではありません。受け取った名刺を保管するときにも役立つアイテムです。

    就活の場面で、受け取った名刺をスマートに名刺入れにしまえると、相手の名刺を大切に扱っていることが伝わり好印象につながります。間違えて紛失することも防げるため、シンプルで使いやすい名刺入れを用意しておくと便利でしょう。

就活生が名刺入れを選ぶ際の5つのポイント

  • 就活生が名刺入れを購入するときは、ビジネスマナーにのっとり好印象を残せるようなデザインのものを選ぶことが大切です。ここからは、学生が名刺入れを選ぶときに押さえておきたいポイントを5つ紹介します。

  • 名刺作成注文イメージ
  • 素材に気を配る

    名刺入れの素材には、アルミ・木・プラスチックなど、さまざまな種類があります。「毎日持ち歩くものだから」と、つい好きなデザインのものを選びたくなるかもしれませんが、就活で好印象を残したいのであれば、汚れが目立ちにくく長く使える、オーソドックスな革製の名刺入れが最適です。

    なかには、木やアルミなどの素材でできた名刺入れを使用する社会人もいます。しかし、学生がそのような名刺入れを持つと、おしゃれの一環として判断されてしまう可能性があるため注意しましょう。

    就活時に使用する名刺入れにおいて大切なことは、おしゃれさではなく、名刺を保管できる機能性です。無難な革製の名刺入れであれば、企業担当者にマイナスの印象を与えることもないでしょう。

  • 落ち着いた色のものを選ぶ

    名刺入れは、男女ともに落ち着いた色を選びましょう。特に、黒やダークブラウン、紺などがおすすめです。スーツと近い色味のものを選べば、失敗はないでしょう。

    名刺入れの色として避けるべきなのは、ピンクや赤などの華やかな色です。ファッション性が高いとカジュアルに見えてしまい、マイナスの印象を与える恐れがあります。

  • 派手なデザインや柄物は避ける

    就活生が名刺入れを選ぶときは、派手なデザインや水玉・ボーダーなどの柄物は避けましょう。デザインが入っていたとしても、ワンポイント程度の目立たないものであれば問題ありませんが、できれば無地のものを選ぶのがおすすめです。

    先ほども少し触れましたが、就活時に使用する名刺入れはあくまでも機能性を重視し、シンプルなデザインを選ぶように心がけましょう。

  • ブランド物の名刺入れは避ける

    ハイブランドの名刺入れも避けるようにしましょう。学生がハイブランドの名刺入れを持つと、企業担当者からの印象を下げてしまう恐れがあります。

    ある程度社会人経験を積むまでは、ブランド物の名刺入れは避けておいたほうが無難です。

  • 入社後も使える名刺入れを選ぶ

    せっかく名刺入れを用意するのであれば、入社後も使用できるものを選ぶとよいでしょう。

    例えば、品質が良いものや革製のものは長く使えるうえに、使えば使うほど味が出て愛着が湧いてきます。今回紹介したポイントを押さえて、自分に合った名刺入れを購入しましょう。

まとめ

名刺入れは、就活生にとって必須のアイテムというわけではありません。しかし、学生のうちから活用しておくことで、名刺を正しく管理できたり、訪問先企業の担当者にプラスの印象を残せたりするというメリットがあります。

ただし、名刺入れを就活で効果的に活用するためには、素材や色、デザインなど今回紹介したポイントを意識して名刺入れを選ぶことが大切です。この記事を参考に、社会人になっても長く愛用できる名刺入れを探してみてください。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


オススメ・売れ筋商品

Trophyすべて

Trophyビジネス名刺

Trophy就活名刺

Trophyプライベート名刺

Trophyクリエイター名刺

Trophyおやこ名刺

Trophyペット名刺

TrophyMini名刺(ミニ名刺)

Trophyシニア名刺

Trophyショップカード

Trophyサンクスカード

Trophy割引クーポン

新作デザイン

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up