English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺の注文方法

ビジネスマナーの本質と最低限の基本マナーを紹介

ビジネスマナーと聞くと、堅苦しくて覚えるのが面倒……と感じる方もいるかもしれません。しかし、しっかりとしたマナーを身につけることで、初めて一人前の社会人になれます。

今回は、なぜビジネスマナーが必要とされているのかを解説します。また、社会に出る前に最低限押さえておきたいマナーもあわせて解説しますので、ビジネスマナーが不安な方やこれから社会に出る前の学生の方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも、ビジネスマナーの必要性とは?

  • 社会に出ると多くの人とコミュニケーションをとらなければいけません。ビジネスマナーは社会人の基本でもあります。
    しかし、どうしてビジネスマナーを身につける必要があるのでしょうか?ここではまず、ビジネスマナーが必要である3つの理由を紹介します。

  • 商談中のビジネスマン
  • スムーズなビジネス進行に不可欠だから

    社会に出ると、それまでコミュニケーションをとったことが無いような人とも話す機会が多くなります。自分と異なる年齢、性別、経験、価値観を持つ相手と信頼関係を構築し、ビジネスを成立させるには、共通のマナーのもとコミュニケーションをとる必要があります。

    スムーズなやりとりを行うには、ビジネスマナーは不可欠なのです。例えば、もし正しい敬語が使えなかったり、礼儀作法をわきまえていなかったりした場合、常識がない人と判断されてしまい、ビジネスが上手くいかないことさえあります。ビジネスは信頼関係の上に成り立つため、自分のマナーが悪いことによって相手に不信感を抱かせないようにしましょう。

  • 組織全体のイメージを左右するから

    ビジネスでは、個人に対するほんの些細な違和感や不快感が、組織全体の印象を左右してしまうこともあります。
    例えば、取引先の企業に電話をした際、電話の応対があまりにもフランクだとしたらどうでしょう?その企業に対して「社員教育がなっていない会社だな」という印象を持ってしまうのではないでしょうか。
    会社員であるすべての人が、「自分が会社の顔である」という認識をしっかり持ち、ビジネスマナーを身につける必要があります。

    また、遅刻が失礼に当たることはいうまでもありませんが、早すぎる到着も同様に、相手方への負担になります。予定より早く着いてしまった場合には、カフェなどで資料の再確認をしておくと良いでしょう。

  • 相手に敬意を示すことで、好意を持ってもらいやすくなるから

    どのような場面でも、自身を尊重されて嫌な気持ちになる人はいません。これこそが、ビジネスマナーが重要とされる本質的な理由です。

    実業家の松下幸之助は数々の名言を残していますが、その一つに「ビジネスマンのいちばん大事な務めは、愛されることである」というものがあります。この言葉からも分かるように、相手に好意を抱いてもらうことは、ビジネスパーソンの最重要タスクなのです。

    相手に好意を持ってもらい、ビジネスを成功させるためにも、最低限のビジネスマナーは必要不可欠です。

最低限押さえておきたいビジネスマナーの基本

社会に出るときに最低限覚えておきたいビジネスマナーを4つの観点から紹介します。これさえ身につけておけば、いざ現場に出たときにも恥をかかなくてすみます。

  • 服装

    人はまず外見からあなたがどんな人かを判断します。身につけているものがきれい(清潔)か、TPOに合っているか、サイズは合っているか……など、家を出る前に鏡の前に立って確認しましょう。「服装の乱れは心の乱れ」という言葉もあるくらい、服装は大切なポイントです。

  • 言葉遣い

    言葉遣いはあなたの内面が見られるポイントです。言葉遣いが丁寧な人は、相手に対する心遣いができると判断され、好印象を与えることができます。
    また、ビジネスシーンでは敬語を使う機会が多くありますが、誤った使い方をすると非常に目立ちます。したがって、正しい敬語もビジネスマナーの重要な要素です。

  • 電話対応

    丁寧な電話対応ができるかどうかも大切なことです。相手の顔を見て話すことができないため、より丁寧に言葉を選ぶ必要があります。
    電話対応をするときには、次のことに気を付けましょう。

    • 3コール以内に電話に出る
    • 電話に出るのが遅くなったら「お待たせして申し訳ございません」と添える
    • 「もしもし」は使わない
    • 電話を切るのはかけてきた相手が切ってから
    • 受話器はやさしく、なるべく音を立てずに置く
    • はっきり、ゆっくり話す
    • メモをとれるように準備しておく
  • 名刺交換

    社会人になって「この会社の一員だ!」と実感するアイテムの一つに名刺があります。自分のことを覚えてもらうためにも、初対面の人と話す場合は、名刺交換をする必要があります。

    参考記事:「できる人」の名刺交換術!基本マナー、上手なコミュニケーション例などを紹介

    参考記事:名刺交換のマナーとは?イレギュラー時の対応方法もあわせて解説

まとめ

  • 今回は、なぜビジネスマナーが必要なのか、その必要性について紹介しました。ビジネスマナーを覚えて適切な対応を行なうことで、相手に好印象を持ってもらうことができ、仕事もしやすくなります。しっかりとしたビジネスマナーを身につけることは、あなたの活躍の場を広げることにもつながるでしょう。

    社会に出るうえで最低限必要なマナーは、入社後の新人研修で教わる機会がありますが、あらかじめしっかりと押さえておけば、いざというときに慌てずにすみます。
    今回紹介した内容も参考に、ぜひビジネスマナーを覚えてみてください。

  • 電話対応するサラリーマン


  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


オススメ・売れ筋商品

Chevron Back Chevron Forward

新作デザイン

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up