高品質名刺作成・名刺印刷のデザイン名刺.net | プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺
Log In ログイン Person会員登録(無料)
30代男性

30代男性の名刺入れの選び方、予算、意識するポイントについて解説

  • 更新日:

    30代の男性で名刺入れを購入しようと思われている方の中には「30代男性の名刺入れの選び方が分からない。予算や意識するポイントについて知りたい」

    このように思われている方も多いのではないでしょうか?

    当記事では、このような悩みを解決していきます。

    この記事を読み終える頃には、30代男性の名刺入れの選び方や予算、意識するポイントについて理解していただけるかと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

  • 30代男性

オススメの人気デザイン名刺


名刺入れにこだわるべき理由は?

自分の名刺を渡す時には、名刺を名刺入れの上に乗せ、両手で持ちながら相手に差し出すのがマナーであるため、交換相手からの第一印象を左右するアイテムになります。

デザインにおいては、自分のことを覚えてもらう目的で存在感のあるデザインを選択するのではなく、大人として品格が感じられる名刺入れを選ぶことが理想です。

品格を感じてもらえれば、クライアントや取引先から信頼の獲得にも繋げられる可能性があります。

  • 落ち着いた色

    「自分が好きな色を選択してモチベーションを高めたい」という方もいるかと思いますが、ビジネスシーンでは、オレンジや赤といった派手な選択しないようにしましょう。

    また、開いたときに見える名刺入れの内側部分が、明るい色を使用しているのも避けるのがベターです。

    黒が最も定番ですが、落ち着いた色であれば万人受けしますので、明るすぎない紺色のものや、焦げ茶色のものもおすすめです。

    シンプルなデザイン

    名刺交換の時点から相手に信頼感や安心感を与えるためには、シンプルなデザインの名刺入れを選択するのがポイントです。

    ただし、シンプルでも安っぽいと感じるものではなく、高級感や落ち着きが感じられるものを選びましょう。

    その反対に、ブランドのロゴが目立っている名刺入れや、奇抜過ぎるデザインのものは、相手に与えるイメージがあまり良くないため避けると良いです。

    シンプルなデザインであればあるほど、安心感や落ち着きを与えられます。

    名刺交換において大切なことは、相手に少しでも良い印象を持ってもらうことです。

    特に、日本人は相手を見るとき、減点方式で見る性質があるため、悪目立ちしてしまうような名刺入れは減点されがちです。

    少しでも相手から好印象を抱いてもらうためにも、名刺入れを選ぶ際はシンプルなデザインのものを選択しましょう。

    機能性が優れているか

    名刺入れを選択する際は、前述したデザインだけでなく、名刺入れの収納力や機能性についても確認することが大切です。

    メインの収納部分を除いて、カードポケットは何個あるのか、一時的にカードが保管しておけるスリットはあるのかなどを確認しましょう。

    30代男性で営業職のような名刺交換の頻度が多い男性であれば特に、名刺が何枚収納できるのか確認することも大切です。

    少なくとも20~30枚は収納できるものを選択するのがおすすめです。

    名刺交換の頻度が多い方の場合は、50枚程度収納できる名刺入れだと安心できます。

    アルミケース型やマチのないパスケース型の名刺入れは、収納可能枚数が少なめのため、おすすめできません。

    スムーズな名刺交換も好印象を与える上で大切です。

    マチが狭いような名刺入れの場合、名刺交換の際にスムーズに名刺が取り出せない可能性も高まります。

    名刺の厚みやサイズはそれぞれ異なるため、名刺入れを購入する際には普段使う名刺を持っていき、名刺の出し入れがスムーズにできるかどうか実際に確認してみましょう。

    自分の名刺だけでなく、交換で受け取った相手の名刺も収納することになります。

    名刺の厚みやサイズはそれぞれ異なるため、名刺入れを購入する際には普段使う名刺を持っていき、名刺の出し入れがスムーズにできるかどうか実際に確認してみましょう。

    名刺を収納する際に、自分の名刺と相手の名刺が混ざらないよう、仕切りで区別すると便利です。

    また、複数の立場で仕事をしており、日常的に何種類かの名刺を持っている場合は、仕切りが多くある名刺入れを選択すると良いでしょう。

    本革が理想

    シンプルなデザインの名刺入れを選ぶからこそ、素材にはこだわるようにしましょう。

    素材選びで選ぶべき素材は「本革」です。

    木製や金属製などの名刺入れも販売されていますが、そのような素材はできれば避けるようにしましょう。

    個性的ではありますが、相手にイージーでカジュアル過ぎるイメージを与えてしまう可能性があります。

    相手にビジネスマンとして安心感や信頼感を与えるためにも、上質な風合いの革を選択するようにしましょう。

    革のタイプは牛革や馬革などにより質感が変わってきますので、選ぶ際には自分の好みの革素材を探してみて下さい。

30代男性の名刺入れの予算とポイント

30代にもなると、社内に後輩ができ教育する立場になる人も多いことでしょう。

教育する立場として、周囲の社員からできるビジネスマンとして見られるには、持ち物もこだわる必要があります。

30代男性の名刺入れの予算相場については、15,000円〜30,000円程度が一般的です。

明らかに安っぽい名刺入れは、社員やクライアントなどからの印象も悪くなってしまう可能性があります。

30代男性の名刺入れで意識するポイントは、以下2つです。

  • 質の高いブランド

    こだわっているブランドや好きなブランドがある方で、前述した選び方に当てはまっている場合は、そのブランドの名刺入れを選ぶと良いでしょう。

    特定のブランドにこだわりがなく、どのブランドの名刺入れを購入しようか迷っている方は、質のいい革製品ブランドの名刺入れを選ぶのがおすすめです。

    日本のブランドは熟練した日本人職人達が丁寧なハンドメイドで名刺入れを仕立てているため、質が高い傾向にあります。

    高級レザーが使われているものも多く、上品さや高級感を感じられる名刺入れを見つけることができます。

    派手や奇抜なデザインは避ける

    選び方でも解説したように、名刺交換で使用する名刺入れはシンプルで、悪目立ちしないものを選ぶことがポイントです。

    そのため、派手な色や奇抜なデザインの名刺入れは適しておらず、このような名刺入れを使用してしまうと、名刺交換の時点で相手からマイナスな印象を抱かれてしまう可能性もあるため避けるようにしましょう。

    派手な色というのは、ダークカラー以外はほとんどが該当すると認識し、落ち着いた色味の名刺入れを選ぶことが大切です。

    赤や黄、青などの原色系の色を選んでしまうと、その時点で派手と捉えられてしまいます。

    色以外のデザインにも注意する必要があり、ダークカラーの落ち着いた色味の名刺入れであったとしても、奇抜なデザインが施されている場合はカジュアルと判断されてしまう可能性があります。

    一般的な名刺入れと大きく異なるようなものは避けるようにしましょう。

オススメの人気デザイン名刺


まとめ

名刺交換の際に利用する名刺入れは、デザインや色、機能性により相手からの印象を左右するポイントの1つとして重要なアイテムになります。

名刺入れの選び方や意識するポイントを理解し取り入れることで、相手に安心感や信頼感といった好印象を与えられる可能性が高くなります。

ブランド物や牛革、デザインなどにこだわって印象付けてみるといいでしょう。機能性も大事ですが、品のある名刺入れを持ってみませんか。名刺にこだわることはもちろん、名刺入れにもこだわってみてください。

今回紹介してきた名刺入れの選び方や予算、意識するポイントを確認し、実際の名刺入れの購入にお役立てください。



あわせて読みたい記事


名刺仕上り時間

(注文時)

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

ビジネス名刺

就活名刺

プライベート名刺

クリエイター名刺

おやこ名刺

ペット名刺

Mini名刺(ミニ名刺)

シニア名刺

ショップカード

サンクスカード

割引クーポン

Chevron Up