English version is here!

●最短15分のスピード名刺作成サービスを再開致しました。●熊本県の一部へのお届け遅延について 詳しくはこちらをクリックして下さい。

会員登録すると次回からの名刺注文が簡単!お得に! ゲスト様 ログイン 会員登録  カート(0)

“CMYK? RGB?同じ色なんでしょ。 どう違うの?”そんなあなたへ色の個性を。-名刺作成の基礎知識編3 デザイン名刺.net

[営業時間] 平日9:00~18:00 土曜9:00~17:00 休業日 日曜/祝祭日 ※土曜はスピード名刺のみ
サイトからのご注文は24時間できます。

CMYK? RGB?同じ色なんでしょ。 どう違うの?

“CMYK? RGB?同じ色なんでしょ。 どう違うの?”そんなあなたへ色の個性を。

印刷業では頻繁に用いられる「CMYK」や「RGB」ということば。
デザイン関連の知識を持っていない人にとっては「そんな事言われても…」と感じることは当然だと思います。
しかしながら、その肝心なCMYKとRGBの扱いを間違えてしまうと、せっかくの印刷物が「なんか色の感じが違うなぁ…」ということにつながってしまうのです!要注意!

今日はそのCMYKとRGBの違い、そして気をつけるべき点などについてお届けして参りたいと思います。

1.色の三原色の基本!「光」と「色」の違い

まず、その「色」についての基本的な考え方です。
皆さん、普段生活をしている時、たとえば家の中にいたり、仕事場にいたり、街中を歩いたりと様々な行動をされていると思いますが、その中には本当にたくさんの“色”があると思います。信号なんかも色を判断して行動を決めますよね。
そのすべての“色”というのは光から刺激を受け、カラー認識をしています。
これが「光の三原色」と呼ばれる色彩、つまり「RGB」といわれるWeb上やテレビのディスプレイなどで表現される基本の色なのです。

■ RGBとは
Red=赤、Green=緑、Blue=青の三つの原色を混ぜて幅広い色を再現する加法混合の一種。
これらの色を混ぜ合わせれば混ぜ合わせるほど明るい色へと変化していくため、『加法混合・加法混色』と呼ばれます。
ブラウン管・液晶ディスプレイ・プラズマディスプレイなど、コンピュータやテレビの映像表示に使われていますね。

■CMYKとは
Cyan=シアン、Magenta=マゼンタ、Yellow=イエローの三色、そしてKey plate=キープレート(≒黒、墨)から頭文字1文字ずつ取ったもの。
(※CMYKのKがBlackのKというのは間違いなんですって!気をつけて!)
これらは、混ぜれば混ぜるほど理論上暗い色へと変化していくため、『減法混合・減法混色』と呼ばれます。
プロセスカラーとも呼ばれ、通常のカラー印刷の多くがこの4色で印刷されます。

■じゃあ、“色”はこれで全部表現できるの?

いいえ、できないものもあります。

例えば、みんな大好き金色や銀色などの表現もそうです。蛍光色などについても同様ですね。

それらは「特色(DIC)」と呼ばます。
特色とは、印刷においてプロセスカラー(CMYKの4色のインキ)では再現できない色を表現するために調合されたインキのことをいいます。(別名:スポットカラー・特練色)

特色印刷を注文する際、DIC・TOYO・PANTONEといった特色インクメーカーの色見本帳やカラーチップにて指定するのが通例となっています。その中でも大日本インキ化学工業株式会社が印刷物の色の標準化のために定めた規格がDICと呼ばれています。

もちろん、新宿にあるケイワンプリントの店舗へご来店頂いて特色(DIC)のご確認をして頂くことも可能です。

2.RGBCMYKの違いで注意したいこと!

■ CMYKとRGBの違い

ここまで読んで頂きましてありがとうございます。
ここまで来た方は、結局はRGBとCMYKの違いって、どんなところなのよ。
というところがもっとも気になってくる頃だと思います。

ズバリ言ってしまえば、「その色が再現できる領域の違い」といえます。

例えばオフィスでもご自宅でも、印刷をする際には紙に印刷して出しますよね?
その紙に“色”を表現しているものはなんでしょうか。
インク」なのです。

通常のインクではRGB形式のすべての色が表現出来ないため、印刷する場合にはCMYK方式への変換作業が必要になってくるわけです。

単純に上の画像を、PhotoshopにてRGBモードからCMYKモードに変換をししてみましょう。

いかがでしょうか。
RGBカラーから、CMYKカラーに変換する際、RGBカラーはCMYKカラースペースでもっとも近い色におきかえられるため、少しくすんだようなイメージという表現がされるかと思います。

■ RGBデータをCMYKに変換するには?

Photoshopでもillustratorでも、RGB⇔CMYKの変換は可能です。
特にPhotoshopを使用するとこのパターンがあるのでは?と個人的には思っております。(そんなことないかもしれない。)

たとえば、Photoshopで作業していて、
「これ紙に印刷したらどうなるかな~?」と思うことは多々あるかと思います。
特に紙に印刷するデータを作成している場合は必須です。

そんな時の操作がコチラ。
【通常】
(Photoshop)[イメージ]→[モード]→[CMYK]を選択する
これで変換されます。

※注意!
一度RGBからCMYKへと変換したら、もう一度CMYKからRGBへ変換し直しても、もとのRGBカラーの鮮明な色合いには戻りません!
CMYKへの変換時には元データをバックアップしてから作業されることをオススメいたします!

【かしこい確認方法】
モードから変換という正攻法もありますし、デザインをよく手掛ける方であれば当然の事かもしれません。
しかしながら、Photoshopやイラレといったツールになじみがまだあまり無い人にとってはそれがわからないということはしばしばあるかと思います。

そんな時には、[表示]→[色の校正]をクリックすれば、現時点でのカラーのイメージを確認することが出来ます。

色のイメージは非常に重要なもの。
特に、「紙に印刷してしまったけど色のイメージが違う!」なんていうことになる前に、しっかりと事前の対処をしたいですよね。

そんな時にはこちらに書いた事項を試してみてはいかがでしょう?

もっともっといろんなかしこい手段もあるかと思いますが、そちらについてはまた今度…

■ 参考
Adobe Photoshop:カラーモードの変換