English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺の注文方法

ビジネスマナー 女性の服選びとNG例を紹介

女性が働くうえでの服装選びは、意外に難しいものです。最近ではオフィスカジュアルを求める会社も多くありますが、どの程度の服装まで大丈夫なのか気になる方も多いでしょう。

そこでこの記事では、働く女性としてふさわしい服装選びのポイントや、オフィスカジュアルの基本的なルールなどについて詳しく解説します。

【ビジネスマナー】女性の服装選びのポイント

  • ビジネスマナーにおいて、服装をはじめとする身だしなみに気をつかうことは、非常に大切です。外見が第一印象を左右することもよくあるため、服装選びには十分気を付けましょう。

  • 緊張した面持ちの新人ビジネスマン
  • 仕事をしやすい服装を選ぶ

    仕事で着る服を選ぶ際には、動きやすく働きやすい服を選ぶのが基本です。ここでは、仕事に取り組みやすい服装について、職種ごとにチェックしていきましょう。

    • 営業系

      営業系の場合は、さまざまな人に会うことが多いため、フォーマルなスーツが基本です。また、外回りをする場合は、固く動きにくい素材や、短いスカートは避けるようにしましょう。

    • 技術・開発系

      技術・開発系の職に携わっている場合は、利便性を重視した服装を心がけることがポイントです。例えば、動きやすく伸縮性のある素材の服や、作業着が適しています。

    • 接客・販売系

      接客・販売系の女性の服装は、ブランドや店内のイメージに合わせる必要があります。
      例えば、シックなイメージを大切にする宝飾品店などではモノトーンのスーツを、華やかなイメージのファッションブランドの場合は、明るい服装を心がけます。

  • 老若男女に対して不快感を与えない服装を選ぶ

    ビジネスシーンでは、さまざまな年代や性別の方と接する機会があります。そのため、あらゆる層の方に不快感を与えないような服装、着こなしを心がけることが大切です。
    例えば、スーツなら落ち着いたベーシックカラーで、ビジネスシーンにふさわしいデザインのものを選ぶのがおすすめです。黒や紺、グレーは定番で、老若男女問わず受け入れられやすいカラーとして人気があります。

  • 清潔感を常に意識する

    ビジネスシーンでは、服装選び以外に清潔感を意識することも大事です。出かける前には鏡を見るなどして、頭からつま先まで清潔感があるかどうか、必ずチェックしておきましょう。

    具体的なチェックポイントとしては、「スーツにシワや汚れはないか」「パンプスはきちんと磨かれたものを履いているか」などが挙げられます。加えて、女性の場合はメイクやヘアスタイルにも配慮して、上品な仕上がりとなっているかどうか確認しましょう。

    参考記事:身だしなみは最重要のビジネスマナー!印象をアップするチェックリストを紹介

【服装のビジネスマナー】女性のオフィスカジュアルはどこまでOK?

  • 近年、オフィスカジュアルOKとする企業が増えています。ただし、女性のオフィスカジュアルファッションで取り入れられるアイテムは非常に豊富であるため、どのような服装をすればよいか悩む方も多いでしょう。

    実際、オフィスカジュアルに明確な基準はなく、企業によって許容範囲は異なります。悩んだときには、まずは以下で示したアイテム選びのポイントを把握したうえで、職場の先輩の雰囲気に合わせるようにしましょう。

  • ご来客を出迎える
  • アウター

    アウターは、肌寒い季節には何着か用意しておきたいアイテムです。テーラードジャケットやトレンチコートなど、ベーシックなものを持っておくと重宝します。

  • トップス

    トップスは、ジャストサイズのブラウスやカーディガン、セーターなどを選ぶとよいでしょう。ただし、オーバーサイズのものは着こなし方によってはだらしなく見えてしまうため、注意が必要です。逆に、タイトすぎるトップスはボディラインが強調されるため、こちらもオフィスカジュアルには不向きです。

  • ボトムス

    ボトムスはできるだけシンプルなものを選ぶのがポイントです。目立った柄がなく、きれい目なストレートパンツやフレアパンツ、テーパードパンツなどを持っておくと、着回しの幅が広がります。ただし、デニムはカジュアルすぎると判断される場合が多いため、オフィスカジュアルでは避けるようにしましょう。

  • スカート

    無地で控えめなデザインのストレートスカートやタイトスカート、フレアスカート、プリーツスカートなどのアイテムをそろえておけば、その日の気分に合わせた着こなしができるでしょう。このとき、丈は膝が隠れるくらいのものを選ぶのがビジネスマナーです。

  • シューズ

    シューズはシンプルなパンプスやローファーなどが無難です。スニーカーやショートブーツはカジュアルすぎるため、ビジネスシーンでは着用しないようにしましょう。

ビジネスマナー的にNGとされる女性の服装

オフィスカジュアルファッションでは、ビジネスマナーの観点から、ふさわしくないとされるアイテムや着こなしもあります。避けるべき服装を知っておき、アイテム選びの際に参考にしてください。

  • 派手な色柄の服・インナー

    好みによっては、無意識のうちに派手な色・柄の服装を選んでしまいがちです。しかし、オフィスカジュアルの場合、派手すぎるファッションはNGです。インナーであれば大丈夫と思っても、柄が透けることがあるため、基本的に派手なものは避けましょう。

  • ボディラインが出る、または露出が高い服装

    ボディラインが強調される服や、露出が高いファッションは、品のない印象を与えるためビジネスシーンには適していません。また、座ったときのスカートの長さなどにも配慮する必要があります。

  • 素足

    ビジネスシーンでは、素足は原則NGです。暑さが厳しい季節でも、ストッキングは着用しましょう。ストッキングは伝線してしまう場合を想定して、予備のものを持っておくと安心です。

まとめ

社会人として信用を得るには、仕事内容だけでなく、服装にも気を付けることが重要です。特に、女性の場合は使えるアイテムが多いため、仕事にふさわしいものを見極める必要があるでしょう。

また、オフィスカジュアルの場合にも、ビジネスマナーを意識することを忘れてはいけません。仕事がしやすいのはもちろん、清潔感のある服装を心がけて、自分に合った着こなしをしましょう。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


オススメ・売れ筋商品

Trophyすべて

Trophyビジネス名刺

Trophy就活名刺

Trophyプライベート名刺

Trophyクリエイター名刺

Trophyおやこ名刺

Trophyペット名刺

TrophyMini名刺(ミニ名刺)

Trophyシニア名刺

Trophyショップカード

Trophyサンクスカード

Trophy割引クーポン

新作デザイン

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up