English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺の注文方法

ビジネスマナーで最も大切にすべきこと

社会人として活躍するためには、仕事を覚えるだけではなく、ビジネスマナーを身につけることも大切です。特に、就職を控えている大学生や社会人1年目の若手社員の方は、今まさにビジネスマナーを勉強されているかもしれませんが、Webサイトや参考書を調べてもいまいちピンと来ないこともあるのではないでしょうか。

本記事では、ビジネスマナーで最も大切にすべき8つのことを、心構えと行動に分けて詳しく解説します。

ビジネスマナーで大切にすべき3つのこと【心構え編】

  • ビジネスマナーというと、一般的にルールや礼儀作法をイメージされる人が多いかもしれません。これも間違いではありませんが、ビジネスマナーの本質は「敬う」「思いやる」「感謝する」という心構えにあります。

    ビジネスを円滑に進めるためには、この3つの心構えを意識しながら、信頼関係を築くことが大切です。

  • 挨拶する女性
  • 相手を敬う心を持つ

    相手から敬われていることを感じて、嫌な気持ちになる人はいません。

    社会に出ると、上司・同僚・取引先担当者・ビル警備員など、さまざまな人と接することになります。仕事で関わるすべての人に敬意を表し、相手の意見や立場をしっかり尊重すれば、信頼関係を築き上げることが可能です。信頼関係を構築することによって、ビジネスも円滑に進めやすくなるでしょう。

    礼儀作法や言葉遣いなど表面的なことだけではなく、相手を敬うことを基本的な心構えとして意識しておけば、おのずとビジネスマナーも身につきます。

  • 相手を思いやる心を持つ

    自分だけが得をしようという自己中心的な考え方を持っていては、ビジネスは成立しません。主語を「私」から「あなた」に変えたうえで、相手が求めているものや相手に喜んでもらえるものを敏感に察知し、それを差し出すという思いやりの心が大切です。

    思いやりの心を持って接すれば、優しい・話しやすい・気が利くといったプラスの印象を与えることができます。その結果、相手も自分に対して思いやりの心を持つようになり、信頼関係はさらに強化されるでしょう。

  • 相手に感謝する心を持つ

    ビジネスはさまざまな人によるサポートや支援のもと成り立っており、一人だけで進められるものではありません。そのため、相手に対して感謝する心を持つことも不可欠です。

    感謝の気持ちを忘れず、謙虚な姿勢を保ちながら仕事に取り組めば、多くの人が好感を持ってくれるようになります。仕事や情報が集まりやすくなる、周りが気持ちよく働けるなど、好感度の高さは多くのメリットにつながるでしょう。

ビジネスマナーで大切にすべき5つのこと【行動編】

ビジネスマナーの心構えをしっかり持っていても、相手に伝わらないと意味を成しません。そこで、ビジネスマナーを実践するための行動についても解説します。

  • 明るく元気な挨拶を欠かさない

    挨拶はコミュニケーションにおいて最も基本的なものであり、それはビジネスの世界でも変わりません。挨拶一つで印象が決まることもあるため、普段から明るく元気な挨拶を欠かさないことが大切です。

    同じ部署で働いている上司や同僚はもちろん、他の部署や取引先の担当者などに対しても、笑顔でハキハキと挨拶するようにしましょう。

  • 身だしなみを整え、清潔感を保つ

    ビジネスを円滑に進めるためには、身だしなみを整えることも大切です。身だしなみといってもファッション性ではなく、清潔感を重視する必要があります。

    汚れが目立つ服を着用していたり、身体から異臭を放っていたりするなど、周りに不快感を与えるような状態で働くことは絶対に避けてください。

  • 時間や約束は必ず守る

    時間や約束を守れない人は、いかに優れたスキルを持っているとしても社会人失格といえます。そもそも社会人はスケジュールや納期に沿って働くことがほとんどであり、それを守らなければビジネスも信頼関係も成立しません。

    万が一、時間や約束を守れない状況に陥ってしまったときは、早めに連絡することが大切です。単に謝罪するだけではなく、理由やリカバリー方法もしっかり伝えましょう。

  • ホウ・レン・ソウを怠らない

    社会人として仕事を確実にこなすためには、ビジネスにおけるホウ・レン・ソウ(報告・連絡・相談)を怠らないことも重要です。取り返しのつかないミスを避けるためにも、自分だけでの勝手な判断はやめましょう。ホウ・レン・ソウを徹底することが、ミスの予防や仕事の効率化につながります。

  • 話はしっかりと聞き、明確な返答や相槌をする

    上司や取引先担当者など相手を問わず、誰かとコミュニケーションをとるときは、話の内容にしっかり耳を傾けましょう。そのうえで、返答や相槌をはっきり返すことが大切です。
    返答や相槌が明確なら相手も安心できるので、円滑なコミュニケーションが実現します。

まとめ

ここまでビジネスマナーにおける心構えと行動について解説してきましたが、どれも基本的なことで簡単そうに思えるかもしれません。しかし、社会人として経験が浅いうちは他に覚えることも多いため、このような基本が抜けてしまう可能性も十分考えられるのです。

ビジネスマナーの本質は「敬う」「思いやる」「感謝する」という3つの心構えであり、何事も相手を主軸に据えて行動する必要があります。普段から自分本位ではなく、相手を気遣うことを意識すれば、とるべき行動も見えてくるでしょう。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


オススメ・売れ筋商品

Trophyすべて

Trophyビジネス名刺

Trophy就活名刺

Trophyプライベート名刺

Trophyクリエイター名刺

Trophyおやこ名刺

Trophyペット名刺

TrophyMini名刺(ミニ名刺)

Trophyシニア名刺

Trophyショップカード

Trophyサンクスカード

Trophy割引クーポン

新作デザイン

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up