English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

女性が名刺を作るときのポイントとは?名刺入れの選び方も紹介

  • 女性の社会進出や活躍が進みつつある現代、女性が名刺を使う機会は増えてきました。名刺を作るときはサイズやデザインを工夫することで、女性らしさや華やかさを印象づけることが可能です。

    本記事では、女性が名刺を作るときのポイントについて解説します。他の人と名刺で差別化を図りたい方は、ぜひ女性ならではのこだわりを盛り込んでみましょう。

  • リモート会議でお客様と商談をする女性

女性向けの名刺がある?

女性専用の名刺というものはありませんが、女性によく選ばれている名刺はあります。それは、小さめサイズの名刺です。

一般的に、名刺は「4号」というサイズで作られています。名刺の用紙には他にもさまざまなサイズがありますが、4号より少し小ぶりな「3号」は女性からの人気が高く、別名「女性名刺」と呼ばれています。

手が小さい女性にとって、3号サイズは持ちやすく扱いやすい点が大きなメリットです。また、3号以外にも「2号」「小型3号」「小型4号」などといった小さめサイズの用紙も、女性向け名刺として高い支持を集めています。

「名刺は必ず4号で作らなければいけない」という決まりはないため、女性らしさを演出したいときはサイズを工夫してみるとよいでしょう。

女性が名刺を作るときのポイントとは?

女性が名刺を作るときは、サイズ以外にも多くのポイントを意識することで、より強い印象を残せます。ここからは、女性らしさを際立たせる名刺作成のポイントについて解説します。

  • 高級紙を使用する

    女性らしさや華やかさ、繊細さを演出したいのであれば、高級紙を使用してみてはいかがでしょうか。一般的な名刺とは違う紙を使うことでデザインが引き立つのはもちろん、手触りや質感でもアピールできて、より印象に残りやすくなるというメリットがあります。

    特におすすめなのは、以下のような紙です。

    • やわらかな雰囲気の「ヴァンヌーボ」

    • 和紙風の「しこくてんれい」

    • 上品に輝く「パールホワイト」

    名刺に使用できる紙の種類は、多岐にわたります。半透明の紙などインパクトが強い用紙も使用できるため、自分のイメージや与えたい印象に合わせて選んでみると楽しいでしょう。

  • 特殊加工を施す

    より大きなインパクトを与えたいなら、紙に特殊加工をすることもおすすめです。

    例えば、名刺の角を丸くする角丸加工は優しい印象を与えられるため、女性のやわらかい雰囲気を演出したいときに便利です。角で手を傷めることもなくなり、取り回しが良くなるというメリットもあります。

    箔押しや型抜きでおしゃれな雰囲気を出したり、PP加工で光沢を出したりしても、個性をアピールできてよいでしょう。ただし、職種によってはデザイン性の高い名刺が適さないケースもあるため、TPOをわきまえた加工を施すことが大切です。

  • デザインは業種・職種のイメージに合わせる

    名刺を作成するときは、業種・職種のイメージを踏まえたうえで色やフォント、イラストなどを決めることが基本です。

    お堅い職業なのに派手なデザインの名刺を作成したり、美容系の職業なのに地味なデザインの名刺を作成したりすると、職業と名刺のイメージに大きな乖離が生まれます。そうなってしまうと相手に好印象を与えにくくなり、名刺の良さを活かしきれないかもしれません。

    必ず、「自分の職業」と「名刺が与える印象」の一貫性を意識しながらデザインを選びましょう。参考として、職業ごとに適した名刺デザインを紹介している記事にも目を通してみてください。

    ネイリストに適している名刺のポイントは、こちらで紹介しています。
    ネイリストの名刺を作成する際のポイントとは?おすすめデザイン5点も紹介

    看護師が持つ名刺に適したデザインのポイントは、こちらをご覧ください。
    看護師に名刺は必要?名刺交換のマナーやおすすめデザインも併せて紹介

【女性向け】名刺入れの選び方

  • 名刺だけではなく、名刺入れも男女問わず必須のビジネスアイテムです。名刺交換のときに使用する名刺入れも、職業のイメージを損なわないデザインのものを選ぶことが好ましいです。

    会社や役所に勤めている方の場合、派手な色や奇抜なデザインの名刺入れの使用は避けましょう。黒・紺などのダーク系の落ち着いた色味、もしくはベージュやパステルカラーなどの優しい色味のアイテムが最適です。

    デザイナーやアパレル業なら、個性的なデザインの名刺入れを使用できるケースがあります。ただし、使い勝手が良くないものやブランドロゴが大きく入ったものは避けておいたほうが無難です。

    素材は、耐久力が高く手に馴染みやすいレザー系がおすすめです。アルミ製や木製などの特殊な素材の名刺入れは、使いにくかったり職業のイメージに合わなかったりすることもあるため、購入時は注意しましょう。

  • 素敵なピンクの名刺入れから名刺を取り出し名刺交換をしようとする女性

まとめ

女性専用の名刺というものはありませんが、やや小ぶりなサイズの名刺や、紙質や加工にこだわった名刺を作成することで、女性らしさや華やかさを演出できます。人とは違う名刺で印象を残したい女性は、ぜひ工夫をこらして自分らしいデザインに仕上げてみてください。

もちろん、名刺を作成するときは職業や職種のイメージに合ったデザインにすることが大切です。加工が施された名刺が適さない場合もあるため、職業と名刺の印象に一貫性を持たせることを意識しましょう。

デザイン名刺.netでは、女性向けの名刺デザインを豊富に取りそろえています。おしゃれな名刺を作成したい方は、ぜひ一度ご相談ください。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

あわせて読みたい記事


名刺仕上り時間

(注文時)

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

Chevron Up