English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺入れは何で代用可能?乗り切るアイデアを紹介

慌てて外出したときなど、名刺入れが手元になくて焦ってしまった経験はありませんか?名刺入れはビジネスパーソンにとって必須アイテムであるため、忘れてしまったときは可能な限り、その場でできる対処法をとることが大切です。

たとえ名刺入れを忘れてしまっても、名刺入れや名刺として代用できるものや対処法が数多く存在しています。今回は、万が一のときにでも慌てず対処できるように、名刺入れの代用アイデアを紹介します。

名刺入れを忘れてしまったら、すぐに代用品を用意しよう!

  • スーツに入れっぱなしにしたり会社のデスクに置きっぱなしにしたりと、コンパクトな名刺入れは忘れてしまいやすいアイテムです。そのため、名刺入れが必要な場面でも、不注意で名刺入れを忘れてしまうことはあるでしょう。

    しかし、ビジネスパーソンのなかには、名刺入れを持っていない相手をビジネスマナーがない人だと判断する方もいます。ゆえに、名刺入れを忘れたまま会議や商談に赴くことは、非常にリスクが高いといえるでしょう。

    先方に好印象を残して商談を成功させるためにも、名刺入れを忘れたことに気付いたらすぐに代用品を用意しましょう。

  • 名刺入れを忘れないように準備している

【名刺入れの代用品】中身の名刺がある場合

さっそく名刺入れの代用品について見ていきましょう。
まずは名刺が手元にあり、名刺入れだけを忘れてきてしまったときの対処法を3つ紹介します。

  • 同僚の名刺入れを借りて急場を凌ぐ

    名刺入れを忘れた場合は、同僚から一時的に借りるという方法があります。社内に残る同僚や会議に出ない同僚であれば、借りても問題ないはずです。会議の間だけ名刺入れを借りられれば、急場を凌げるでしょう。

    ただし、会議が長引きそうなときや借りた相手に外出の予定がある場合は、迷惑をかけないように十分配慮する必要があります。

  • 近くのお店で購入できる名刺入れで代用する

    近くにお店がある場合は、新しい名刺入れを購入して代用する方法がおすすめです。

    近年は100円ショップでも名刺入れが販売されており、合皮やアルミなどの名刺入れが100円~数百円程度で購入できるようになりました。ひと目では100円ショップのものとはわからないような商品も多く、一時的な代用品としては十分に機能してくれるでしょう。

    また、バラエティショップや紳士服専門店、百貨店や本屋、文房具店などでも名刺入れは購入可能です。周囲にこういったお店がないか、よく調べてみてください。

    参考記事:名刺入れの相場価格はいくら?購入できる5つのお店の特徴をそれぞれ解説

  • 手持ちのアイテムを名刺入れとして代用する

    名刺入れを借りられる同僚がいなくて周囲にお店もない場合は、手持ちのカードケースやパスケース、ミニ財布などを即席の名刺入れとして代用することも可能です。

    ただし、サイズが合わないものや長財布など、名刺入れとして違和感のあるものは使用しないようにしましょう。

【名刺入れの代用品】中身の名刺もない場合

  • 次に、名刺入れだけではなく、名刺も忘れてしまったときの対処法について紹介します。

  • 名刺入れも、予備の名刺もなく、アイデアを巡らせている
  • スピード印刷で名刺を作成する

    名刺印刷サービスを提供している業者のなかには、即日対応で名刺作成を行なっているところがあります。名刺がない場合は、こういったスピード印刷を活用するとすぐに名刺を用意できるでしょう。

    サービスによっては、短時間で印刷可能なものもあります。急いで印刷してもらっている間に近くのお店で名刺入れを購入すれば、万が一の場合も対処できるでしょう。
    近辺にスピード印刷が可能なお店がないか、一度調べてみることをおすすめします。

  • 取り急ぎ、連絡先を記載したメモをお渡しする

    どうしても名刺や名刺入れを用意できなかったときは、メモに名前や連絡先を記載し、名刺交換のときに名刺の代用品として渡してもよいでしょう。名刺を忘れてしまっても機転を利かせて対応できれば、相手に悪印象を残すリスクを回避できます。

    名刺交換時には名刺を忘れたことをしっかりとお詫びをし、帰社後もお詫びの連絡をすることが大切です。必要に応じて、正式な名刺を郵送する手配を行なっておくと丁寧な印象を残せるでしょう。

    参考記事:名刺を郵送するときのマナーを解説!送付状の例文と気をつけたいポイント

  • 積極的に自己開示をする

    印象管理をしたいときは、自己開示をすることも非常におすすめです。自己開示とは、自分の個人的な情報を相手に話すことです。自分が好きなことや、詳しいことを進んで話すことで、自然と相手との距離が縮み、信頼関係の構築が容易になります。

    さらに、単に好きなことだけではなく、得意なことや実績などを自然な形で少しずつ織り交ぜられると、思わぬビジネスチャンスが得られるかもしれません。

【名刺交換】代用ができないときは、素直にお詫びする

「代用品を用意する時間がない」「近くにお店がない」など、名刺入れや名刺の代用品が用意できなかった場合は、素直にお詫びをしましょう。

「申し訳ございませんが、名刺入れ(名刺)を持ち合わせておりません。」と伝え、丁寧に謝ります。しっかりと非を認めてお詫びをしておけば、大きく印象が下がることはありません。

相手から名刺を頂いたら、折れないように手帳や資料のファイルなどにしまうことが大切です。そして、後日に郵送もしくはメールで送るか、打ち合わせで次回会うときにあらためてお渡ししましょう。

まとめ

名刺入れはビジネスパーソンの必須アイテムです。忘れると悪い印象を与えかねないため、ないときは代用品を探すことが大切です。名刺入れは近くのお店で購入できたり、手持ちのアイテムでも代用できたりします。名刺入れがないと気付くとつい焦ってしまうかもしれませんが、落ち着いて今できる最善の対処法を探しましょう。

万が一の場合には、デザイン名刺.netのスピード印刷を活用してみてはいかがでしょうか。手元に名刺がある場合は最短15分、ない場合も1時間~のスピード仕上げで、忘れてしまった名刺の代用品をすぐにご用意いたします。

デザインテンプレートは2,000種類以上、1,250円~名刺作成が可能!
デザイン名刺.netでデザイン名刺をチェック!



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


オススメ・売れ筋商品

Trophyすべて

Trophyビジネス名刺

Trophy就活名刺

Trophyプライベート名刺

Trophyクリエイター名刺

Trophyおやこ名刺

Trophyペット名刺

TrophyMini名刺(ミニ名刺)

Trophyシニア名刺

Trophyショップカード

Trophyサンクスカード

Trophy割引クーポン

新作デザイン

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up