English version is here!

● 【重要】 大雨の影響による配達停止・遅延について 

名刺作成のご注文から名刺印刷の知識まで!デザイナーの作る名刺販売のオンラインショップ デザイン名刺.net にお任せください!

文字

名刺の注文方法

QRコード付き名刺を作る方法とは?

近年、QRコード付きの名刺をよく見かけるようになりました。QRコード1つにつき数字であれば最大7,089文字、漢字・かなであれば最大1,817文字までデータを格納できるため、小さなスペースでさまざまな情報を伝えることが可能です。
そこで今回は、QRコード付きの名刺のメリットから作成方法、さらに注意点まで詳しく紹介します。

名刺にQRコードを載せるメリット・効果とは?

  • 名刺に記載できる情報は、スペースの都合上、あまり多くありません。無理に情報を詰め込むと、大事な情報が目立たなくなる、デザインにまとまりがなく相手に良い印象を持たれない、といった可能性もあります。

    そこで活用したいのがQRコードです。QRコードを名刺に載せれば、会社や自分自身に関する詳細な情報、アピールポイント、メッセージなどを、限られたスペースのなかに詰め込むことができます。必要最低限の情報だけを名刺に記載して、残りはQRコード経由で伝えるということもできるため、スマートな名刺を作成できます。

    また、QRコードには会社ホームページやSNSのURLを埋め込むことも可能です。URLをそのまま記載しても手打ち入力する人はほとんどいませんが、QRコードならアプリを使って読み取ればよいため、アクセスへのハードルも大きく下がります。

  • クーポンをどうやって作るか考えている女性

QRコード付きの名刺を作る方法

  • QRコード付きの名刺を作る場合、いくつかの方法があります。ただし、それぞれの方法にメリット・デメリットが存在するため、下記を参考に自分に合ったものを選びましょう。

  • クーポンをどうやって作るか考えている女性
  • QRコード作成サイトで作る方法

    QRコード作成サイトでは、URLを入力するだけでQRコードを作ることができます。そしてそのQRコードは、png形式などの画像データとしてダウンロードできるため、名刺を自作している人におすすめの方法です。
    また、QRコード作成サイトはほとんど無料で使えるうえ、画像のサイズや解像度を指定することもできます。
    ただしこの方法はQRコードの配置や名刺レイアウトのセンスが問われるので、難易度はやや高いといえるでしょう。

  • SNSアプリで作る方法(SNSアカウントのQRコード)

    SNSアカウントのQRコードは、各種SNSの公式アプリから簡単に作ることができます。Twitter・Facebook・Instagram・LINEなど、メジャーなSNSならすべて無料で作成可能です。
    こちらの方法もQRコードを画像データとして活用できるので、名刺を自作している人に向いています。ただし、配置やレイアウトのセンスが問われる点は、QRコード作成サイトと同じです。
    また、SNSアプリで作成したQRコードは解像度が低くなりやすいので、読み取りにくい可能性もあります。

  • 名刺印刷業者に依頼する

    QRコード付きの名刺を自作できない、センスに自信がないという場合、名刺印刷業者に依頼するのも一つの手です。
    費用はかかりますが、QRコードの作成から名刺のデザイン、さらには印刷や細かい調整まで一任することができ、手間や時間を節約できることがポイントです。

名刺にQRコードを載せる際の4つの注意点

QRコードは便利ですが、読み取れなければ何の意味もありません。そこで、名刺にQRコードを載せる際の4つの注意点についても解説します。

  • 十分な余白を確保する

    QRコードのすぐ近くに文字やイラストが入っていると、正確な読み取りが難しくなってしまいます。そのため、QRコードの上下左右には何も記載されていない、十分な余白(マージン)を確保することが大切です。
    余白の推奨サイズはQRコードの種類によって変わりますが、一般的なものなら最低4セル(白か黒の点)以上の余白が求められます。

  • 解像度は300~350dpiが理想

    名刺を含む印刷物にとって、解像度はとても重要なポイントです。
    解像度とは、デジタル画像の密度・精度を示す数値であり、dpi(dots per inch)という単位で表記されます。この解像度が高ければ高いほど、画像は鮮明できめ細やかに写るため、印刷後の仕上がりも良くなるのです。
    一般的に印刷物の画像データを作成する場合、解像度は350dpiが理想とされています。しかし、WebサイトやSNSアプリでQRコードを作成した場合、画像データの解像度は72dpiと低くなっていることが多いようです。
    QRコードを低解像度で印刷すると、仕上がりが粗くなって読み取りに支障が出てしまう可能性もあります。そのため、事前にPhotoshopなどの画像編集ソフトを使って、解像度を300~350dpi程度に調整することが大切です。

  • 印刷サイズや歪み、コントラストに注意する

    名刺にQRコードを載せる際は、アプリ側がしっかり読み取れるよう、適切なサイズで印刷しましょう。印刷サイズが小さすぎると、QRコードのセルが潰れて正確に読み取りにくくなってしまいます。
    また、画像加工ツールなどでQRコードの拡大・縮小を行なうと、セルが歪んでしまうこともあります。読み取りトラブルの原因となるため、こちらも注意したいところです。
    その他、QRコードの色が薄すぎたり、名刺の背景色に対するコントラストが低かったりしても、読み取りにくくなってしまいます。

  • 必ず読み取りテストを行なう

    QRコードを作成したら、画像データを入稿する前に必ず読み取りテストを行ないましょう。
    QRコードを紙に印刷してから、スマートフォンや携帯電話を使って実際に確認してください。

デザイン名刺.netなら、QRコード付きの名刺も1,750円~注文可能!

名刺はスペースの問題上、あまり多くの情報を載せることはできません。しかし、QRコードを活用すれば、見やすさを維持しながら情報量を増やせるため、相手に伝わりやすい名刺を作成できるのです。

デザイン名刺.netでは、QRコード付きの名刺作成を100枚1,750円~から注文できます。
デザインも豊富に用意しているので、あなたにピッタリの1枚が見つかるでしょう。
プロに名刺を作成して欲しいと考えているなら、ぜひ一度お問い合わせください。



関連コンテンツ

知っておきたい名刺の豆知識

企業向け名刺作成ビジネスプラン
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン