English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺の作成方法とは?概要やメリット・デメリットをそれぞれ解説

  • 名刺を作る方法は、大きく分けて「パソコンでの自作」「スマートフォンでの自作」「専門業者への外注」に3つがあります。それぞれ得られるメリットや注意したいデメリットが異なるため、自分のニーズに合った方法を選ぶことが重要です。

    今回は、名刺の作成方法ごとの特徴について詳しく解説します。目的や状況に適した名刺の作り方を見極めましょう。

  • 名刺の台紙を見て構想を練る

【名刺の作成方法】その1.パソコンで自作する

まずは、名刺を安く作名刺作成というと、業者に依頼するイメージを持っている方が多いことでしょう。しかし、実はパソコンとプリンター、名刺用紙があれば自分で作ることが可能です。る方法を紹介します。大きく分けて2通りの方法があるので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

デザインソフトがなくてもWordやExcelで作成でき、また近年はインターネット上で公開されている無料テンプレートも活用できます。

ここでは、パソコンで名刺を自作する場合のメリット・デメリットを紹介します。

  • パソコンで自作するメリット

    パソコンで名刺を自作するメリットは、自分の好きなようにデザインできる点です。数あるテンプレートから好きなものを選び、それをもとにカスタマイズが可能なため、世界に1つしかない自分だけの名刺を作れるでしょう。

    また、デザインから印刷まで自分でできるため、作成コストを抑えやすいところもうれしいポイントです。必要な枚数だけ作成できて在庫を抱えにくい点、自分の個人情報を外部の人間に渡す必要がない点も、自作ならではのメリットでしょう。

  • パソコンで自作するデメリット

    パソコンで名刺を自作するデメリットは、機材がないと作業できない点です。パソコンやプリンターを所有していれば安く名刺を作成できますが、一からそろえるとなるとコストが高額になります。

    また、仕上がりの品質を高めるには、どうしてもある程度のスキルが必要です。パソコンや編集に使うソフトの作業に慣れていないと、作成に時間がかかってしまうでしょう。テンプレートそのままでは個性を出しにくいため、パソコンの作業が得意でないと、自作のメリットを最大限に引き出せないかもしれません。

オススメの人気デザイン名刺


【名刺の作成方法】その2.スマートフォンで自作する

  • 名刺は、スマートフォンの名刺作成アプリを使って自作することもできます。自宅や会社に置いてあるプリンターはもちろん、コンビニのマルチコピー機でも印刷可能なため、「機材を持っていないけれど自作したい」という場合におすすめです。

    それでは、スマートフォンで名刺を自作するメリット・デメリットも見ていきましょう。

  • スマホで名刺を作成する女性
  • スマートフォンで自作するメリット

    スマートフォンで名刺を自作するときも、アプリ内の豊富なテンプレートから好きなデザインを選んでカスタマイズが可能です。作成コストを抑えられ、プライバシー保護の観点でも優位性があるなど、パソコンで自作する際と同様のメリットが得られます。

    さらに、コンビニのマルチコピー機を使えば、パソコンやプリンターを持っていなくても作成可能です。

  • スマートフォンで自作するデメリット

    スマートフォンで名刺を作成できるのは便利ですが、デメリットもあるため注意が必要です。

    まず、自作した名刺をコンビニで印刷した場合、紙の品質が安っぽくなってしまうことが挙げられます。紙の質感は本人の印象にも影響するため、仕上がりには十分気を付けなければなりません。

    また、指先やタッチペンでの操作に慣れていないと、作業に手間取ってしまうでしょう。パソコンでの作成と同様に、テンプレートをそのまま活用しただけでは個性を演出しにくいことも考えられます。

【名刺の作成方法】その3.業者に外注する

名刺の作成というと、一般的には業者への依頼を思い浮かべる方が多いかもしれません。専門業者に依頼すれば、簡単に名刺を作成できるでしょう。

最後に、専門スキルを持つスタッフに名刺作成を一任できる、外注のメリット・デメリットを紹介します。

  • 外注するメリット

    外注のメリットは、名刺作成の手間を省きつつ、デザインや紙の質が優れた名刺を手に入れられる点です。希望するデザインや記載情報を業者に伝えれば発注でき、自分で面倒な作業をする必要はありません。名刺作成にかける時間を他の作業などに充てられるため、日頃から忙しい方におすすめです。

    プロに依頼すれば、型押しやPP加工などの特殊加工も施せます。個性的な名刺を作りたいときは、外注を検討してみましょう。

  • 外注するデメリット

    名刺作成を外注すると、デザイン料金に加えて手数料や送料といったコストがかかります。また、基本的に100枚以下などの小ロットでは発注できないため、必要以上の枚数を注文しなければいけない場合があることもデメリットとして挙げられます。

    料金を抑えて必要な数枚だけ名刺を作成したいときは、外注以外の方法も検討したほうがよいでしょう。また、業者に個人情報を開示することに抵抗がある方も、自作が向いています。

    業者によって仕上がりや品質に差がある点にも注意が必要です。外注先を探すときは、あらかじめ名刺の作成実績や口コミをしっかりと確認しておきましょう。

まとめ

名刺の作成方法には、「パソコンでの自作」「スマートフォンでの自作」「専門業者への外注」の3つがあります。この3つはメリット・デメリットがそれぞれ異なるため、予算や要望に合わせた方法を検討することが肝心です。

名刺の仕上がりは、その人自身の印象やビジネスでの信頼に影響します。そのことを念頭に置き、名刺というツールのメリットを最大限に引き出せる作成方法を選ぶとよいでしょう。

名刺作成を専門業者に依頼したいとお考えの方は、ぜひデザイン名刺.netにご相談ください。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

あわせて読みたい記事


名刺仕上り時間

(注文時)

スピード名刺作成の受付を停止しております。通常名刺作成は通常通り受け付けております。

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

Chevron Up