English version is here!

● 【重要】 大雨の影響による配達停止・遅延について 

名刺作成のご注文から名刺印刷の知識まで!デザイナーの作る名刺販売のオンラインショップ デザイン名刺.net にお任せください!

文字

名刺の注文方法

フリーライターに名刺が必要な理由とは?

会社員として働く人の多くは会社から名刺が支給されますが、フリーランスの場合、自分の名刺を持つかどうかは本人の自由です。
現在フリーランスとして働く人のなかでも、名刺を作っている人もいれば、作っていない人もいるでしょう。

名刺が必要かどうかは職種によっても変わりますが、フリーライターの場合はどうでしょうか。先に結論だけ述べれば、フリーライターとして活動する場合、名刺を作るメリットは非常に大きいと言えます。

本記事では、なぜフリーライターは名刺を作るべきなのか、名刺作る必要性と名刺に載せるべき情報、個人情報に関する注意点など解説します。

フリーライターにも名刺は必要?

  • ますは、フリーライターが名刺を作るべき理由を、メリットや場面など交えながら解説します。

  • クーポンをどうやって作るか考えている女性
  • フリーライターにも名刺は必要なのか?

    そもそもフリーライターとして働く場合、どのように仕事を受注していけばよいのでしょうか。方法はいくつかありますが、その一つは自分から営業をかけるということでしょう。クライアントや知り合いのつながりをツテに少しずつ関係性を広げていき、仕事を増やしていきます。
    フリーライターにとって、実際に人と会ってコミュニケーションを取れる機会は非常に貴重です。

    そのような貴重な機会に恵まれたとき、名刺を相手に渡すことができなければ、将来仕事につながるチャンスを逃してしまう可能性があります。
    また、初対面のときは、名刺で自分の立場を明らかにすることで安心感を与えることができるほか、名刺があれば「プロとして仕事をしている」という印象を持たせることもできます。
    結果的に仕事を依頼してもらえる可能性も高まるでしょう。

  • フリーライターが名刺を用いる場面

    クライアントの初回打ち合わせや取材での訪問時など、フリーライターが名刺を用いる場面はいろいろとあります。
    ビジネスイベントや交流会に参加する場合も、必ず名刺を持参しましょう。名刺交換を通じて、仕事につながるケースは多くあります。

フリーライターの名刺に載せるべき情報

名刺は自分の情報を伝えるアイテムですが、スペースが限られている以上、情報も厳選しなければなりません。名刺の見やすさや情報量も考慮しつつ、載せるべき情報をわかりやすく伝えましょう。

  • 名前(またはペンネーム)

    名前は名刺の必須情報です。特にフリーライターの場合、本名ではなくペンネームを載せている人もよく見かけます。どちらを載せるかは個人の自由ですが、差し支えがなければ両方記載すると信用も増すのでおすすめです。ペンネームをメインに据えて、本名をカッコ書きで載せる方法などがあります。
    また、名前の読み方が難しい場合、ローマ字やかな表記を添えておくと、より好印象を与えられるでしょう。

  • 連絡先

    仕事に関する相談や緊急時の連絡を受けられるよう、連絡先も必ず載せたい情報です。電話番号はもちろん、フリーライターならメールでやり取りする機会も多いので、メールアドレスも合わせて記載しましょう。
    電話番号については、普段使っているスマートフォン・携帯電話の番号でもOKです。公私をしっかり分けたいなら、仕事用の電話番号を新たに取得しましょう。
    また、メールアドレスは複数作成しやすいので、仕事用のメールアドレスを取得するのがおすすめです。無料のフリーメールでも構いませんが、信用を重視するなら独自ドメインのメールアドレスにしましょう。

  • 肩書き

    名刺を受け取ったとき、最初に注目される情報は肩書きです。フリーライター・Webライター・ビジネスライターなど、仕事内容が一目でわかる肩書きを載せましょう。
    また、経験やアピールポイントが伝わりやすいよう、「キャリア10年!IT系メディア専門のプロライター」など、キャッチーな肩書きにしてみてもよいでしょう。

  • 得意ジャンルやスキル

    特定のジャンルに詳しかったり、有用なスキルを持っていたりするフリーライターは、クライアントから見ても魅力的です。そのため、得意ジャンルやスキルを名刺に載せておけば、仕事を依頼してもらえる可能性が高まるでしょう。

  • ブログやSNS

    ブログやSNSアカウントを持っている場合、名刺で案内してみましょう。自分の人となりが伝わるのはもちろん、発信内容から仕事につながる可能性もあります。
    ただし、URLを直接載せてもアクセスされにくいので、QRコード化して記載するのがおすすめです。
    QRコード付きの名刺に関しては、以下の記事もぜひ参考にしてください。
    『QRコード付き名刺を作る方法とは?作成時の注意点もあわせて紹介』

フリーライターが名刺を作る際には、個人情報の取り扱いに注意

  • 名刺は自分がどういった人物なのか、どのような仕事に取り組んでいるかなど相手に知ってもらうための重要アイテムです。しかし、個人情報も含むすべての情報を名刺に載せる必要はありません。

    フリーライターは自宅=事務所となるケースが多いので、不特定多数の人に名刺を配っていると、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあります。特に女性フリーライターの場合、自宅住所が載っている名刺は取り扱い注意です。例えば、相手に合わせて住所あり・住所なしの名刺を使い分けるなど、工夫すると安全性を確保できます。
    また、自宅の代わりにレンタルオフィス、もしくはバーチャルオフィスの住所を載せるという手もありますが、こちらは信用を得にくいというデメリットもあります。

  • クーポンをどうやって作るか考えている女性

フリーライターの名刺作成は、デザイン名刺.netにお任せください!

名刺は自フリーライターとして働く場合、自分の情報を伝えるための名刺を作っておけば、仕事を依頼してもらいやすくなります。会社という後ろ盾がない分、フリーライターの仕事は何かと不安定であるケースも多いものです。そういったデメリットをカバーするためにも、ぜひ名刺を作ることをおすすめします。分がどういった人物なのか、どのような仕事に取り組んでいるかなど相手に知ってもらうための重要アイテムです。しかし、個人情報も含むすべての情報を名刺に載せる必要はありません。

デザイン名刺.netでは、依頼者の業種や働き方に合わせて、記載内容を細かく指定可能です。2,000種類以上ものデザインテンプレートがそろっているので、お気に入りのデザインを見つけて、素敵な名刺を作ってみてはいかがでしょうか?



関連コンテンツ

知っておきたい名刺の豆知識

企業向け名刺作成ビジネスプラン
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン