English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺裏面の活用アイデア6選!

最短1時間でスピード名刺作成!

名刺を作る際には、裏面のデザインまでこだわっていますか?名刺の表面だけに文字を記載する使い方は、非常にもったいないです。せっかく裏表がある名刺なのですから、裏面も活用して営業力をアップしてみてはいかがでしょうか。

今回は、名刺裏面の活用アイデアについて紹介します。裏面のスペースを有効活用して、より多くの情報を効果的にアピールしていきましょう!

名刺裏面の活用アイデア6選

  • さっそく、名刺の裏面に記載する事項や活用アイデアを紹介します。名刺の裏面になにも記載していない、という人は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 有効活用のポイントとアイデア
  • 外国語表記を記載する

    海外企業と取引することが多い企業の場合は、会社名や氏名、住所などの外国語表記を裏面に記載しておく活用法がおすすめです。

    名刺の表面にこういった情報の日本語表記と外国語表記の両方を記載してしまうと、文字が多くてゴチャゴチャした印象になってしまいます。海外の取引先向けの情報は、名刺の裏面を有効活用してスッキリまとめるのがいいでしょう。

  • 事業内容やサービスの詳細を記載する

    表面には会社名や氏名、連絡先などを記載し、裏面には営業所や業務内容、企業の業務を詳しく記載する活用法もおすすめです。どのような事業をしている企業なのかが詳しく伝わると、それだけビジネスチャンスも増えるでしょう。くわえて、個人のスキルや資格を記載すると信頼度が上がります。

    会社の住所や営業時間なども載せておくと、気軽に訪問・お問い合わせいただけるようになるでしょう。

  • 過去の実績や経歴を記載する

    フリーランスやクリエイティブ職などの場合、今までの実績を記載するのもいいアイデアです。「〇〇株式会社Webページ制作」などといったように文章で書くだけではなく、実際の作品を見せるためにURLやQRコードを載せてもいいでしょう。

    会社員の場合も、担当した業務の実績を詳しく書くことで信頼度の向上が期待できます。

  • 自己紹介や自己PRなどを自由に記載する

    名刺の裏面に仕事に対する熱意や個人的な趣味など、フリーワードを入れるのもひとつのアイデアです。親しみやすさがアップし、話のキッカケになったり、より深い印象を残したりすることができるでしょう。

    また、顔と名前を一致させるために顔写真を掲載するケースもあります。名刺を作成するときは画像も自由に入れられるので、文字だけではなく画像やイラストで自分らしさを表現してもいいでしょう。

  • メモ欄などを設ける

    実用性重視のアイデアとして、名刺の裏面に目盛りを印刷して定規機能をつけたり、フリーのメモ欄として活用したりすることもできます。定規を持ち歩くビジネスパーソンは少ないため意外に重宝されますし、メモ欄があれば商談の内容などをメモしてもらえるため、名刺管理の際に役立つでしょう。

    価格帯も、1,ユニークなものとして、パワースポットの写真を載せて「持ち運ぶとご利益があります」と伝えるアイデアや、クロスワードパズルを載せておくアイデアもあります。こういったアイデアには遊び心があるため、より印象的でしょう。

  • クーポンや割引券としての機能をもたせる

    お店やサービス業などの名刺の場合、裏面にクーポンや申し込みサイトへの誘導情報などを掲載し、名刺を集客ツールにするアイデアもおすすめです。すぐに捨てられてしまう可能性の高いDMやチラシよりも、販促効果が得られるケースが多いでしょう。

    また、名刺を持って来店してもらえることで指名率のアップが狙えるため、インセンティブがある人の名刺にも最適です。

名刺の裏面を有効活用するメリット

  • 最後に、名刺の裏面を効果的に活用することによって得られるメリットを紹介します。

  • これから印刷される名刺の裏面
  • 掲載できる情報量が増える

    名刺の裏面にも情報を掲載できれば、単純に2倍の情報をアピールできるようになります。

    伝えたい情報を表面だけに記載すると、文字が多すぎてゴチャゴチャしてしまい、大切な内容がわかりにくい名刺になってしまいがちです。そこで、表面と裏面で記載する情報を取捨選択することで、多くの情報を効果的に伝えられます。

  • 他者との差別化を図れる

    名刺の裏面も活用できると、会社情報だけではなく個人の経歴を掲載したりSNSを記載したりと、ほかの企業とは一味違った名刺が作れるようになります。

    またデザインもアレンジしやすく、おしゃれな名刺を作成したいときにもおすすめです。表面は企業の指定のフォーマット、裏面は個人の好きなデザインにするなど、表現の幅が広がるところも裏面を活用する大きなメリットです。

まとめ

名刺の裏面を有効活用すると、単純に掲載できる情報が2倍に増え、営業力・集客率を上げる効果が期待できます。ぜひ今回紹介したアイデアを参考に、自分らしく、印象に残る名刺を作成してみてください。

デザインテンプレートは2,000種類以上、1,250円~名刺作成が可能!
両面印刷の名刺をご検討の方は、2,000種類以上のデザインから選べるデザイン名刺.netをご利用くださいませ。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


オススメ・売れ筋商品

Trophyビジネス名刺

Trophy就活名刺

Trophyプライベート名刺

Trophyクリエイター名刺

Trophyおやこ名刺

Trophyペット名刺

TrophyMini名刺(ミニ名刺)

Trophyシニア名刺

Trophyショップカード

Trophyサンクスカード

Trophy割引クーポン

新作デザイン

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

知っておきたい名刺の豆知識

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up