English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺入れの相場価格とお店の特長

社会人に欠かせない名刺入れは、取引先からもチェックされるアイテムです。使っている名刺入れでビジネスマナーを判断されることもあるため、正しく選んで立場にふさわしいものを使用するようにしましょう。

一口に名刺入れといってもさまざまなものが販売されており、ハイブランドのものやあまりにも安そうな見た目のものはマナー違反になることもあります。この記事では、ビジネスパーソンにふさわしい名刺入れの相場について解説します。

名刺入れの相場価格は、1万円前後

  • 新入社員や若手社員の場合、使う名刺入れは高すぎても安すぎても印象が良くないため注意が必要です。安すぎると見栄えが悪くて印象が下がり、高すぎると身分不相応だと思われる可能性があります。

    新社会人や役職者ではない人が使う名刺入れの値段は、1万円前後が相場です。ただし、金額だけでは一概に判断できないため、デザインや機能性もチェックするようにしましょう。

    安くても使いやすくて定番のデザインなら問題なく使用可能ですし、高くてもブランドの主張がないものであれば印象が悪くなることはありません。あくまで相場は参考程度にとどめ、使いやすさやデザイン性を重視することが大切です。

  • 名刺交換の構えと、それを下で支える名刺入れ

名刺入れを購入できる5つのお店と価格相場

名刺入れはさまざまな店で購入でき、それぞれのお店で相場や購入できる商品の特徴が異なります。ここでは、それぞれのお店と相場について解説します。

  • 紳士服専門店

    スーツやバッグなど、ビジネス用品を購入できる紳士服専門店では、シンプルでオーソドックスなタイプの名刺入れが購入できます。

    紳士服専門店の強みは、上品なうえにビジネスで失敗しないデザインの名刺入れが手に入ることです。そのうえ、価格とのバランスが取れていて購入しやすい金額であるため、初めての名刺入れ選びにもおすすめです。

    デザインに迷ったときに、ビジネスマナーに詳しい店員と相談しながら購入できるところもうれしいポイントなのではないでしょうか。3,000円程度の安いものから1万円程度の上質なものまであり、予算に応じて好みの一点が選べます。

  • 百貨店

    ブランドショップや紳士服売り場がある百貨店でも、名刺入れは購入できます。ブランド専門店はもちろん、バッグ売り場や革製品専門店などでも購入できます。

    百貨店で売られている名刺入れは基本的に高価で、ブランドものであることが多い点に注意しましょう。ハイブランドではない一般的なファッションブランドであれば使用しても構いませんが、おしゃれすぎるデザインはビジネスの場にふさわしくないため、気を付けてください。

    売っている名刺入れの相場は高めで、1万円~数万円のものが多い傾向にあります。

  • 本屋や文房具店

    大きめの本屋や文房具店でも、名刺入れが購入できるケースがあります。ラインナップが多いわけではありませんが、ビジネスに適したシンプルなデザインの名刺入れが安く購入できるところが特徴です。

    売っている名刺入れは3,000円~5,000円くらいが相場です。ただし、気に入る名刺入れが見つからないこともあるため、できれば他の場所で購入したほうが良いかもしれません。

  • ディスカウントストアやリサイクルショップ

    衣類を扱うディスカウントショップやリサイクルショップであれば、名刺入れが購入できる可能性は高いでしょう。24時間営業のディスカウントショップなら、急ぎで名刺入れが必要になったときでも用意ができます。

    こういった店舗では、品質の良い名刺入れが安く購入できることもあります。もちろんデザインには気を付ける必要がありますが、ブランド物の名刺入れがほしいときは覗いてみてもよいでしょう。相場は数千円~数万円と、幅広い点が特徴です。

  • 通販サイト

    通販サイトでも名刺入れは購入可能です。さまざまなお店やブランドの商品を比較できるほか、ラインナップが非常に豊富であり、好みに合ったものを選べます。ただし、写真と実物では質感や色味が違うこともあるので、購入の際には十分注意しましょう。

    価格帯も、1,000円程度のかなり安いものから数万円のブランド品まであり、幅広いのが特徴です。用意する時間に余裕がある場合は、通販サイトで気に入るデザインのものを探してみるとよいでしょう。

名刺入れを購入する際にチェックしたい、相場以外のポイント

  • 名刺入れを購入するときは、相場以外にも気を付けることがあります。ここでは、名刺入れ選びで失敗しないためにチェックしておきたいポイントを2つ紹介します。

  • 高級名刺入れを購入できる店舗
  • 控えめなデザインで革製のものを選ぶ

    名刺入れを選ぶときは、男性女性ともに黒や茶色、ネイビーやベージュなどの落ち着いた色で控えめなデザインのものを選びましょう。また、大きなブランドのロゴやラインストーンなどの装飾が付いているものは、ビジネスに適さないので使用しないように気を付けてください。

    カジュアルな印象になってしまうため、アルミやプラスチックなどの素材は避けることをおすすめします。革製が最もオーソドックスでビジネスシーンにふさわしいため、できるだけ革製の名刺入れを使用しましょう。

    参考記事:名刺入れの色は何色がいい?基本の4色と、風水的おすすめカラーを紹介

    参考記事:名刺入れの素材はどれがいい?各素材の特徴とおすすめを紹介します

  • 機能性もチェックする

    名刺入れを購入するときは、機能性もしっかりとチェックしましょう。マチがあって出し入れしやすいものを選ぶと、名刺交換時にも役立ちます。また、複数ポケットが付いているものであれば、頂いた名刺を整理しやすく便利です。

    安い名刺入れは、ポケットが少なくて使用しにくいこともあるため注意したほうがよいでしょう。実際に手にとって、使用しやすいかどうか確認することをおすすめします。

    参考記事:社会人の為の名刺入れ選びを徹底解説!!男女別に気を付けたいポイントも紹介します

まとめ

名刺入れの相場は、大体1万円前後だといわれています。ビジネスパーソンが持つ名刺入れは安すぎても高すぎても良くないため、相場を意識して使いやすいものを選んでください。

名刺入れを選ぶときには、金額以外にも色や素材、デザイン、機能性などをチェックすることが大切です。いずれの要素も、ビジネスシーンにふさわしくないものを選ぶと相手からの印象を下げてしまいかねません。こういったポイントもよく比較しながら、自分に合った名刺入れを購入しましょう。

デザインテンプレートは2,000種類以上、1,250円~名刺作成が可能!
デザイン名刺.netでデザイン名刺をチェック!



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?


オススメ・売れ筋商品

Trophyすべて

Trophyビジネス名刺

Trophy就活名刺

Trophyプライベート名刺

Trophyクリエイター名刺

Trophyおやこ名刺

Trophyペット名刺

TrophyMini名刺(ミニ名刺)

Trophyシニア名刺

Trophyショップカード

Trophyサンクスカード

Trophy割引クーポン

新作デザイン

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック

関連コンテンツ

  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

企業向け名刺作成ビジネスプラン

Chevron Up