English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

ショップカードと名刺の違いとは?目的や作り方をそれぞれ解説

  • ビジネスを成功させるためには、必要な情報を伝えて相手の信頼を得ること、自分たちを知ってもらうことが重要になります。その目的を果たすにあたって、ショップカードと名刺はどちらも役立つツールです。

    しかし、実際のところ両者の違いがよくわからない、どちらを使うべきか迷うといった方も多いのではないでしょうか。

    この記事では、ショップカードと名刺の違いを踏まえつつ、目的や作り方のポイントをそれぞれ解説します。

  • 有能な通訳者

ショップカードと名刺の違いとは?

ショップカードと名刺はどちらも情報を伝えるツールですが、何のために渡すのかという目的が異なります。その違いを知らないまま使っても、本来の効果は見込めないでしょう。

両者の違いを具体的にまとめたので、ぜひご確認ください。

  • ショップカード

    ショップカードとは、店舗や商品のことを知ってもらうためのツールです。事業者から不特定多数に配ることで、プロモーション効果が期待できるので、特にBtoCの場面で役立ちます。

    レジ横に置いたり、レシートと一緒に渡したりするほか、通行人に直接渡すケースもあるなど、配布方法はさまざまです。

    また、ショップカードは名刺と比べると記載情報を少なくできるので、店舗のイメージを表したデザインに特化しやすい点も特徴といえるでしょう。

  • 名刺

    名刺とは、自分(個人)が何者かを知ってもらうためのツールです。ショップカードと異なり、相手と対面した状態で渡すのが基本なので、BtoBの場面でよく使われています。

    名刺交換でお互いに連絡先を伝えられるため、人脈を形成できるのはもちろん、今後のビジネスチャンス獲得につながることもメリットです。また、不特定多数に配るわけではないので、親近感がわきやすい点も見逃せません。

    なお、名刺は情報の読みやすさが第一なので、作成するときには注意が必要です。

作り方のポイント【ショップカード編】

ショップカードは店舗や商品のプロモーションに用いるため、それを踏まえて作成することが大切です。情報の内容はもちろん、見た目のデザインも重要となってきます。

そこで、ショップカードの作り方のポイントをまとめました。

  • 店舗情報を記載する

    ショップカードのおもな目的は、店舗の認知度を高めることです。そのため、下記のような情報を記載しましょう。

    • 店舗名
    • 所在地
    • 営業時間
    • 電話番号
    • メールアドレス
    • 店舗のホームページURL

    個人ではなく店舗に関する情報をメインに記載することで、どのような店舗なのか伝えられるようになります。また、店舗周辺の地図やQRコードも載せるとより効果的です。

  • 来店を促すデザインに仕上げる

    「あのお店で買いたい」「また来店したい」と顧客に思わせるためには、ショップカードのデザインにこだわることも大切です。単に文字を羅列するだけだと、店舗のイメージや魅力を伝えることは困難でしょう。

    店内や商品の画像を載せたり、おしゃれなイラストや装飾を入れたりすると、視覚的なインパクトで相手に強い印象を与えることができます。

  • 付加価値をつける

    裏面にスタンプカードを掲載したり、クーポン券の機能を持たせたりするなど、相手のメリットとなる付加価値をショップカードにつけると、捨てられる可能性も低くなります。

    また、二つ折り形式にするなど、用紙も工夫のしどころです。ショップカードは名刺ほどルールが定まっていないため、目的を満たせるなら構成や形式は自由に変えても問題ありません。

オススメの人気デザイン名刺


作り方のポイント【名刺編】

名刺は取引先のスタッフやほかの事業主など、限られた相手に渡すものです。そのため、自分の情報をきちんと伝えることはもちろん、デザインによる印象付けも重要となってきます。

名刺の作り方のポイントも紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 個人情報を記載する

    名刺は自分が何者かを明かして、相手の信頼を得ることが目的です。そのため、下記のような個人情報を記載する必要があります。

    • 氏名
    • 会社名・店舗名
    • 部署名
    • 肩書き
    • 電話番号
    • メールアドレス

    その他、会社・店舗のホームページURL、SNSのアカウント名なども必要に応じて記載したいところです。また、顔写真も一緒に載せると、顔と名前を覚えてもらいやすくなります。

  • 視認性を重視する

    名刺本来の目的を果たすためには、視認性を高めることも大切です。情報が読みにくいと、それだけで悪い印象を与えかねません。

    情報を詰め込み過ぎないことはもちろん、レイアウトを工夫したり、色合いを調整したりするなど、読みやすい名刺に仕上げる必要があります。

    情報量やデザインとのバランスも考えながら、一目で情報が伝わる名刺を作りましょう。

  • デザインは業種・職種のイメージに合わせる

    名刺は自分の第一印象を決めるため、デザインを洗練させることも大切です。自分の業種・職種のイメージに合ったデザインに仕上げると、相手により強い印象を与えられるので、さらなる効果が期待できます。

    例えば、飲食業なら提供している料理のイラストを入れる、美容業ならエンボス加工や箔押しで高級感を出すといった手法がおすすめです。

まとめ

ショップカードと名刺はそれぞれ目的や作り方のポイントが異なるため、その違いを意識しながら記載内容やデザインを検討することが大切です。また、自分の業種・職種に対するイメージも考慮する必要があるので、作成前にイメージを見直してみましょう。

デザイン名刺.netでは、名刺に加えてショップカードの作成依頼も承っています。業種・職種のイメージはもちろん、細かいご要望も踏まえてプロのデザイナーが制作しているので、ぜひ一度お問い合わせください。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

あわせて読みたい記事


名刺仕上り時間

(注文時)

スピード名刺作成の受付を停止しております。通常名刺作成は通常通り受け付けております。

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

Chevron Up