English version is here!

●最短15分のスピード名刺作成サービスを再開致しました。●東北地方及び熊本県の一部へのお届け遅延について 詳しくはこちらをクリックして下さい。

会員登録すると次回からの名刺注文が簡単!お得に! ゲスト様 ログイン 会員登録  カート(0)

意外と知らない!?「名刺」の基礎の基礎!!-名刺作成の基礎知識編2 デザイン名刺.net

[営業時間] 平日9:00~18:00 土曜9:00~17:00 休業日 日曜/祝祭日 ※土曜はスピード名刺のみ
サイトからのご注文は24時間できます。

意外と知らない!?「名刺」の基礎の基礎!!

意外と知らない?「名刺」の基礎の基礎!!-名刺作成の基礎知識編2

-「名刺

ビジネスマンの方であれば特に気にせず毎日使用しているビジネスツールではないでしょうか。ビジネスツールであり、コミュニケーションツールであり、初めてお会いする方に対して、「自分はこういう者です。」と示す非常に重要なもの。

名刺にはどういうタイプが存在して、どういう形のものがあって、そしてどういうデザインであれば印象に残りやすいのか、そんなところを気にされる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、ぜひそんな疑問を解消し、自分に最適な名刺選びに役立てられるような知識をご紹介出来ればと思います。

1.名刺のサイズってどんなものがあるの?

名刺と言ってもサイズも様々。日本ではいわゆる4号と呼ばれる通常サイズの名刺が主に活用されていますが、欧米サイズ(89mm×51mm)やスリムサイズの名刺を持つ方も増えています。

通常名刺サイズ(91mm×55mm)

一般的にもっとも多く使用されているのはこのサイズ。メーカーによっては9号と呼びます。基本的な定番のサイズです。
デザインのレイアウトも基本的にはこのサイズに合わせているため、このサイズを使うのが“無難”とも言えますね!
少し印象を変えて好奇心を持ってもらうなら、ここがポイントかも!?


欧米名刺サイズ(89mm×51mm)

通常のサイズよりも少しサイズが小さ目なこの欧米サイズ。
この際zうの名刺をもらった時の感想は毎回、一言で言うと「スマート!」な感じがします。絶妙なサイズ感・フィット感。
なぜでしょう。
名刺を作成する際に試してみる価値はありだと思います。

通常サイズを選ぶことが“無難”と述べましたが、“無難”という言葉をあまり好まないという方も世の中には星の数ほどいらっしゃるでしょう。そんな時には欧米サイズを試してみるのも一つ、ありきたりでくり返しの毎日を打開するための手段かもしれないです。

「なんか名刺がイケてないんだよなぁ~」という方も、もしかしたらこれで気分を変えられるかもしれないですよ?

特に最近では女性からの欧米サイズのご注文が増えているようにも思います。
カッコ良く仕事をこなすキャリアウーマンの方々には、欧米サイズ×デザインのこだわり×特別な台紙という風にこだわることで自分自身を鼓舞させるカッコ良い名刺が出来上がるかもしれませんよ。

2.名刺の印象を左右するポイントってどんなところ?

名刺の印象を左右するポイント

名刺はビジネスの世界ではいわば「自分の分身」。
どんな印象を与えたいかによって、デザインやレイアウトもまったく変わってくると思います。

デザインを生業としている方であればその極意を心得ているかもしれませんが、一般の方がそれを再現しようとしてもなかなか難しいところ。
簡単に気を付けるべきポイントを見ていきましょう。


■用いるべきフォントってなんですか!?

デザイン名刺.netのデザインにはデフォルトでフォントが盛り込まれておりますが、ご自身で名刺作成の際に好きなフォントを選択することも可能です。

デザイン、そしてフォントと考えた時にまず気を付けるべきポイントとしては「取捨選択」をうまくやりましょうということ。
ラーメンでいう「全部盛り」的感覚でいろんなフォントを盛り込んでしまったその時にはその名刺はもはやデザイン作品ではなく落書きのようになってしまいます。統一感のないデザインは見ていてなかなか気持ち悪い感覚を与えてしまうものなのですよ(小声)

フォントサンプル

名刺で用いるフォントを同じ文言で書き出してみるとわかりやすいです。
名刺に記載する文言で伝えたいのはどんな内容ですか?
ほがらかな印象?マジメな印象?スピーディな印象?それともポップな印象?
いろいろありますね。そんなポイントもフォントで表現可能になるかもしれないですよ。

■レイアウトって重要なの?

「重要です。」

と言っておきます。

名刺のみならず、あらゆるデザインクリエイティブにとってレイアウト、スペース(余白)の使い方というのは非常に重要です。
どれだけ読みやすいか、理解しやすいかという部分に重きをおいて考えてみると良いかもしれないですね。

適切なスペーシングとレイアウトがされているデザインは非常に読みやすく、またその言葉がすっと頭に入ってきやすいものです。

レイアウトサンプル

■名刺に使う色(カラー)はどんなのが良いんですか!?

色も本当に重要な要素。
それぞれの人や会社にとってのイメージカラーなんていうのもありますし、色そのものにも個性というか、「色のイメージ」というのが備わっているものです。
カラーセラピーというものがあったりもするくらいです。

    例えば、
  •  白:純粋、はじまり、正直、光、やさしさ、シンプルなど。
  •  黒:重い、かたい、オシャレ、引き締まった印象、闇など。
  •  赤:エネルギー、炎、興奮、やる気、情熱的など。
  •  黄:希望、パワー、輝きや栄光など。
  •  緑:バランス、安心、癒し、自然、成長、健康など。
  •  青:冷静、落ち着き、海、清潔、クールなど。
  •  紫:高貴、癒し、妖艶で怪しげ、雅など。
  •  ピンク:愛情、解放感、幸せ、甘い、幼さ、かわいいなど。

それぞれのカラーにもこんなイメージがついて回りますね。

フォントカラー、台紙カラー、ロゴカラーなどなど。
それぞれが人に与える印象を考えると非常に奥が深い要素となるわけです。

なかなかトータル的にすべて考えるという機会は無いかもしれないですが、こういった要素を頭の片隅にいれておくだけで役立つことがあるかもしれないですよ。