English version is here!

プロのデザイナーが作る名刺専門店の高品質名刺

名刺を安く作る方法とは?押さえておきたい3つの注意点

  • 名刺の作成にかかる費用は、作成方法によって変わります。大量の名刺交換を行なうビジネスパーソンのなかには、できるだけ名刺の作成費用を抑えたいと考えている方もいることでしょう。

    名刺をお得に作りたいのであれば、作成方法ごとの料金相場を知っておくことが大切です。この記事では、名刺を安く作る方法について解説します。

    失敗を防ぐために意識したい注意点がいくつかあるため、この記事でしっかりと押さえておきましょう。

  • 電卓を叩いて名刺作成のコストダウンを検討している

名刺を安く作る方法とは?

  • まずは、名刺を安く作る方法を紹介します。大きく分けて2通りの方法があるので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

  • 自宅のプリンターで名刺を作成しようとしている
  • 自作する

    パソコン・プリンター・名刺用紙があれば、名刺は自分で作成できます。名刺用紙は、100枚あたり500円前後と、リーズナブルな価格で手に入れることが可能です。自宅や会社に他の機材がそろっていれば、ほとんど費用をかけることなく安く名刺を作れるでしょう。

    最近では、インターネットで簡単に名刺のテンプレートをダウンロードできるため、専門知識がなくても自分好みの名刺を作れるようになりました。自作の場合は必要な枚数だけ名刺を作ることができ、在庫を抱えにくいというメリットがあります。

    ただし、高品質な名刺を作るには、ある程度のスキルが求められます。質の低い自作名刺を使っていると相手に悪い印象を与えかねないため、自身の職業や取引先との関係によっては注意が必要です。

  • 業者に外注する

    名刺作成というと、専門業者に外注する方法をイメージする方が多いでしょう。インターネットで検索すれば、名刺の作成業者をすぐに調べることができます。費用は業者によって異なりますが、100枚あたり500円前後で作成してくれる業者もあります。専門スキルを持ったデザイナーによる高品質な名刺を大量に作成できるためおすすめです。

    業者に依頼する場合、記載する内容やデザインを指定すれば、あとはお任せで名刺作成を進められるメリットがあります。ただし、100枚以上などのまとまった量からしか注文できないケースが多く、余計な在庫を抱えるリスクがあるでしょう。さらに、納品までに数日かかる業者も多いため、早めの発注を心がけることが大切です。

名刺を安く作るときの注意点

名刺を安く作るときは、いくつかの注意点があります。以下3つのポイントに気を付けないと、思わぬ失敗につながるおそれがあるため、ここで押さえておきましょう。

  • 費用だけで決めない

    名刺を安く作りたいときは、つい費用にばかり目がいきがちです。しかし、費用だけで名刺の作成方法や外注先を決めることは避けましょう。

    まず、いつまでに名刺が必要かを明確にして、間に合うように名刺を手配できるかが大切です。自作であればすぐに作れると考えるかもしれませんが、ある程度のパソコンスキルがないと、予想以上に作業時間がかかることがあります。

    外注で納期を早めたい場合には、追加費用を求められることが考えられます。名刺自体が安くても、結果として高い料金を支払うケースは決して珍しくありません。余裕を持って自作・外注することを意識して、余計なコストの発生を防ぎましょう。

    さらに、外注の場合は、作成実績の多さや口コミも確認しておくと安心です。これらを事前に確認しておけば、「納期に間に合わない」「印刷の品質が悪い」といったトラブルの予防につながるでしょう。

  • 店舗受け取りサービスを活用する

    近くに名刺作成の専門店がある場合は、発送ではなく店舗で直接受け取ることをおすすめします。店舗受け取りは送料がかからず、その分だけ料金を安くできるためです。

    さらに、発送から到着までの時間を削減でき、納期を早められます。急ぎで名刺を作成したいときも、近くに店頭受け取りが可能な店舗がないか検索してみるとよいでしょう。

  • 質の高い名刺を作る

    名刺は、デザインや紙の質感によって相手に与える印象が大きく変わります。そのため、作成する名刺の品質に妥協することは避けましょう。

    名刺の紙がペラペラだったり印刷がズレていたりすると、相手に悪い印象を与えやすく、ときにはビジネスに支障をきたすことも考えられます。反対に、上質な名刺であれば、本人や会社のイメージ・信頼感の向上につながるでしょう。

    名刺を安く作りたい場合であっても、ビジネスパーソンとして恥ずかしくないような品の名刺に仕上げることが大切です。

まとめ

名刺は、自作であっても専門業者への外注であっても、安く作成することが可能です。

ただし、名刺の作成費用を安く抑えることばかりを重視していると、納期が延びてしまったり仕上がりの品質が落ちてしまったりするケースが考えられます。そのため、金額だけを見て作成方法や外注先を選ぶことは避けましょう。

安く名刺を作りたいときは、作成スケジュールに余裕を持つことや、外注先の業者を慎重に選ぶことが成功のカギといえます。

質の良い名刺を素早く手に入れたいという場合には、ぜひデザイン名刺.netにご相談ください。



  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

あわせて読みたい記事


名刺仕上り時間

(注文時)

スピード名刺作成の受付を停止しております。通常名刺作成は通常通り受け付けております。

名刺専門店ケイワンプリントで仕上がり日に即日受取り希望は、申し込み時に「店頭受取り」をご選択ください。

※校正ありの仕上がりには+1日、追加オプション指定時は仕上がり日数が異なります。

※発送は仕上がり日から発送日数がかかります。

新作デザイン

オススメ・売れ筋商品

カテゴリー毎で人気順におすすめのデザイン名刺をご紹介します。

プロのデザイナーが名刺作成から出荷まで対応

します

    • 名刺データの作成と文字間調整など
    • 印刷チェック
    • 裁断後の出荷前チェック
  • facebookボタン
  • はてなブログボタン
  • ツイッターボタン

このページをご友人におススメしませんか?

Chevron Up